まずはここをクリック!読んでほしい厳選10記事!

小野哲平お金持ち計画。このゴミクズみたいな人生を三年で変えてやるよ

小野哲平をフォローしよう!
おのぺーお金持ち計画

こんにちは、小野哲平です。

なかなかインパクトのあるタイトルですが、今日はぼくが自分の人生について今思っていることを書きます。

スポンサーリンク

圧倒的最下層

もし稼ぎ出すお金がその人間の価値を表すのだとしたらぼくは間違いなく最下層の人間です。

学生のバイトの方が稼いでいると思います。

しかも都内で一人暮らし、奨学金を返済中。貯金もありません。できません。

はっきり言って終わってます。笑

小野哲平は終わってる

欲しいものも買えません、買えなさすぎて欲しいものすら無くなりました。

物欲もなく、生活水準も絶望的に低い哀れな男です。

正直今は生きていくので精一杯です。death(死)。

小野哲平は限界を迎えている

でも、こんなことになったのは全て自分の責任です。

別に悪いことしたとかギャンブルに溺れたとかではありません。

というか芝居をしてる人なら珍しくないと思います。

舞台ってホントにお金にならないんですよ。

おのぺー
おのぺー

ね?

ののみー
ののみー

基本役者はノーギャラっすね

夢のないこと書きますが、商業演劇に出て一ヵ月舞台に立ったら大赤字です。

稽古一ヵ月、本番一ヵ月だとして、

稽古中の一ヵ月はノーギャラだし、交通費も出ません。

本番に必要なメイク代も自己負担だし、やはり劇場までの交通費も出ません。

昼夜公演で1日劇場にいても食費も出ません。

それで貰えるギャラは一ヵ月アルバイトした額より低いです。

二ヵ月拘束されて一ヵ月のバイト代以下。

貯金食いつぶして更に大幅にマイナス、少なくともぼくはその繰り返しです。

おのぺー
おのぺー

本番期間中に夜勤で働いてる役者もいるよ!

ののみー
ののみー

まぁ珍しい話じゃないっすね

更に規模が小さい中劇場や小劇場になるともっともっと過酷です。

出演することで金銭的にマイナスになるのは当たり前です。

 

それに不満があるわけではありません。ここはそういう世界なんです。

そこから少ないチャンスを手にした者が飛躍して舞台の中心に立つようになり、

20倍30倍のギャラを手にする世界です。

おのぺー
おのぺー

夢がある世界だよ!

これは最初から分かっていたことだし、

今メディアで活躍してる方も少なからずこういった時代を経ています。

全部分かって今ぼくはここにいるんです。

ぼくが知らないだけでもっとお金がもらえる公演もあると思います。

いつまで最下層なのか

でも、いつまでこんな生活なんだろうと思うときはありますね。

そりゃ売れるまでだろって言われたらそこまでですし、

実際今は歳を重ねてからブレイクする方も多いです。

だから諦めずに頑張れよ、と自分に言い聞かせ、

ぼくは今まで活動してきました。

頑張ったかどうかはさておき、ぼくは実際に夢を達成してきています。

・大手芸能事務所に所属
・新橋演舞場、明治座に立つ
・テレビドラマの台本に役名ありで名前が載る
売れてる人や一般の方から見れば小さな夢ですが、
どれも達成できずに役者を辞めてく人がほとんどです。
でも、これらは生活が変わる決め手にはなりませんでした。
役者としての誇りは満たされましたが生活は満たされていません。
おのぺー
おのぺー

でも超嬉しかったんだぜ!

思考停止の人々

そういう環境にいると、同じような環境の人といることが多くなります。

アルバイトして芝居してまたアルバイトして、プラスとマイナスの繰り返し。

その生活が当たり前になりすぎて、疑問にすらなりません。

去年と同じような今年を過ごして、また今年と同じような来年を過ごす。
ぼくはこの10年ずっとそうでした。何の疑問も持たずに。
ささやかな疑問を、芝居をしている自己満足で掻き消して思考を停止させていました。
それでも何とかなると思ってた
売れても売れなくても歳はとります。
気付けば結婚して子供が生まれて、日勤と夜勤のバイトを掛け持ちする日々。
そんな役者も沢山います。
幸せの定義は人それぞれなので、ぼくは人の生活には何も思いません。
ただぼく自身はその生活が嫌だと強く思います。

ぼくが経験していないこと

ぼくは普通の人が経験していないことを沢山経験してる自覚があります。

歌舞伎の付き人もそうだし、役者としてドラマに出たこともそうです。

でもぼくには大人になってから一度も経験したことがないことがあります。

おのぺー
おのぺー

何だと思う?

ののみー
ののみー

海外旅行ですか?

おのぺー
おのぺー

そういうのも全部まとめて!

ののみー
ののみー

全部まとめて??

ぼくは今までお金に余裕のある生活をしたことがありません。

ずーっとお金に困ってました。一度も裕福になったことがありません。

ここでいう裕福とは月100万とかそういう次元の話ではありません。

人間として最低限の生活のことです。

毎月家賃の支払いに頭を悩ませ、お腹いっぱいになることもなく、

ただ払うべきものの為に必死で働いてきました。

小野哲平は今までお金を払う為に働いていた

でも楽しかった

勘違いされるのも困るのですが、

ぼくはお金がないだけであって今までもそこそこ楽しく過ごしてきました。

役者仲間も沢山いるし、トムランドメンバーもいます。

大学の友人はいつもごちそうしてくれるし、お金がなくても楽しい時間はありました。

でもそれとは比べものにならないくらいツラい時間の方が多かったです。

とむら
とむら

トムランドは最高だー!!!

本題「今後の人生」

前置きが長くなりましたが今後の人生の話をします。

まだ30ちょいなんで、残された長い時間を大切に使おうと思って人生を深く考え直しました。

そこで出した今一番やりたいこと。

 

凄く子供みたいことを書きますが、

ぼくはお金持ちになってみたいです。

さとこ
さとこ

お金持ち…ですか?

おのぺー
おのぺー

うん。

今まで俳優になりたくて生きてきました。

その結果として俳優で暮らせればいいなと思ってきましたがこれからは違います。

ぼくはお金持ちになってみたい。

なぜなら、なったことがないから。

これから先は1円レベルで物事を考えて収入を増やそうと思います。

別にケチになるわけじゃありません。

お金はずっと欲しかったけど、お金持ちになりたいと思ってなるように行動したことがなかったので、そうなるように行動したらどうなるのかという自分への興味でもあります。

だって俳優になりたくて努力して演舞場出てドラマも出れたんですよ?

その情熱をお金稼ぎにコミットしたらどうなるのか挑戦したいです。

俳優やめるの?

やめないです。でも今までみたいに色んな舞台に出るってことはないです。

事務所の仕事とトムランド公演だけですね。おそらく。

俳優・小野哲平という看板はそのままにしますが、

イメージとしては小野哲平が持つコンテンツのひとつが「俳優」になる感じです。

だいらく
だいらく

ちょっと何言ってるかわからないっす

さとこ
さとこ

つまり「ブログ」「脚本」といった小野さんの武器のひとつとして「俳優」があるってことですね

おのぺー
おのぺー

そゆこと!さすがさとこ!!

だいらく
だいらく

俺も分かってましたよ

具体的に何するの?

就職はしません。今更会社勤めなんてできるわけないので。笑

基本はこのブログを主軸に考えています。

このブログでの収益アップと、トムランドでやってるyoutubeの収益化、

トムランド公演と自社商品(脚本)の販売ですね。

今やってることをそのまま巨大化させていきます。

前もどこかで書いたんですけど、ぼく多分、

俳優よりもプロデューサーのが向いてるんですよ。

お金儲けの戦略考えるの楽しいです。

三年で答えを出す

夢の方向性が変わることは悪いことじゃないです。

この時代、流れに乗ってスイスイ方向転換しないと溺れてしまいます。

別に締め切りでも何でもないのですが、

おそらく三年くらいで一つの結果が出るかなと考えています。

逆に言うと二年目でコケても三年目で取り戻すみたいな。

ぼくはちゃんと勉強さえすれば諦めなければ勝てると思ってます。

ずーっと雑魚扱いされてきた人生を三年で変えてみせます!

おのぺー
おのぺー

やるぞー!

まとめ(おのぺーが色々考えた結果)
・俳優は続ける

・トムランドも続ける
・お金持ちになりたい
・収入ラインを複数にする
・お金持ちになりたい