コラム(月木更新)怖いネカフェの話

映画館・劇場でお尻が痛くならない方法【今日からできる対策】

フォロー・チャンネル登録お待ちしてます!
紹介

こんにちは、小野哲平です。

 

皆さんは月にどれくらい映画館に行きますか?

ぼくは最低で2回、多いときで5回くらいです。

 

映画はいいですよね。

大きいスクリーンに集中し、時間を忘れて物語に没入する。

ひとときの非日常体験です。

 

でもそんな非日常体験をあっという間に現実に引き戻す現象。

 

それは…鑑賞中にお尻が痛くなること

 

上映して1時間過ぎたくらいでお尻が痛くなり、色々と態勢を変えたりするけど、結局何をしても痛いままで最終的に「早く終われ早く終われ」と罪なき映画に呪いをかける。

 

せっかくお金を払って贅沢を満喫してるのに、お尻の痛みのせいで満足に楽しめない。

 

アクション系だと迫力ある映像に集中して痛みを忘れられるのに、静かな映画だと時間と共に痛みが倍増する。

おのぺー
おのぺー

もう助けてくれぃ!!!

ぶっちゃけ映画あるあるですよね。

 

ぼくもずっとそうでした。映画でも演劇でもお尻がすぐに痛くなる。座席の固さも影響しますがフカフカな座席でも痛いときは痛いです。

 

一度痛くなったら最後、作品どころではありません。

 

なのでぼくは三時間を超える作品は極力敬遠してきました。

おのぺー
おのぺー

だって痛いの耐えられないし

 

でもある日、気付いたんです。

 

みんなこれ、どうしてるんだろ??

 

ぼくはずっと、自分が痩せててお尻の肉が薄いから他の人に比べてお尻が痛くなりやすいと、体型のせいだと勝手に思ってました。

 

いや、実際にそれはあるのかもしれません。

でもぼくより痩せてる人なんてめちゃいるし、それなのにみんな「お尻痛いぜよ!」と泣き叫んでいません。

 

これは一体どういうことなのか?

 

思いきってGoogle先生に相談したところ、びっくりするくらい痛みが解消されました!

おのぺー
おのぺー

ありがとうGoogle先生!

 

そこで今日は「映画館でお尻が痛くならない方法」「その体験談」を書きます。

 

お尻の痛みで映画や演劇鑑賞を控えている人、もう大丈夫です!!

これを読んで鑑賞ライフを楽しみましょう!

スポンサーリンク

靴を脱いでつま先をあげる!

お尻を痛くしない為にやるべきことは3つです。

  • 靴を脱ぐ

  • つま先を上げる
  • 姿勢を正す

 

これだけです。

 

うそぉんマジでこれだけ?信じられないわぁ。

と思う方!

 

ぼくも最初は疑ってました。

でもやってみてください!すぐに効果がわかります。

 

以下、詳しく説明します。

靴を脱ぐ

そのまんまです。映画館や劇場で席についたら靴を脱いでください

そして脱いだ靴をくるっと回転させてつま先が自分側にくるようにしてください。

これを

こうする。

つま先を上げる

続いて脱いだ靴の上に足を乗せます

すると靴のかかと部分につま先が乗るので自然につま先が上がった状態になるはずです。

靴に足を乗せるのに抵抗がある方はとにかくつま先を上げることを意識してください。

おのぺー
おのぺー

何か代わりに置いてもいいかも

宙に足を投げ出すときもつま先は上げたままにします。

姿勢を正す

最後はそのまま姿勢を正します

頭から腰までを一直線に。

 

座り位置は椅子の真ん中くらいがいいと別サイトで書いてありましたが、個人的には姿勢が伸びてれば奥深くに腰掛けても大丈夫な気がします。あくまでも経験談。

 

要するに姿勢を正してお尻と太ももの裏をしっかり椅子につけるんです。

そうすれば今までお尻の1箇所だけにかかっていた負担が分散されてお尻が痛くならないという理屈。

繰り返しますがお尻が痛くならない方法は

  • 靴を脱ぐ
  • つま先を上げる
  • 姿勢を正す

 

この3つです!まずやってみてください!!

おのぺー
おのぺー

マジで効果ありますよ!

それでも痛くなってきたら

とは言いつつ、この裏技を試したところでお尻への負荷が全くのゼロになるわけではないので時間が経つにつれじわりじわりと少しずつお尻は痛くなってきます。

 

そのときぼくがやってるのは、つま先をあげたままかかとに力を入れ、背もたれに背中を思い切り押し付けて負荷を背中に流す、です。

おのぺー
おのぺー

椅子を壊さないようにね!

足は組まない

この裏技を試しているときにぼくが注意したのは、どれだけお尻が痛くなっても足を組まないことです。足を組むとその一瞬はラクになるんでしょうけど、そのあとの痛みが怖くてやめました。

 

でもこれもあくまでも経験談なので実際組んだほうがいいのかは知りません。

 

ポイントはどれだけ痛くなっても絶対に裏技はやめないこと!

やめたら更なる地獄が待っています。

 

前述した3つを守るだけで最後まで乗り切れることは断言します。

(体験談)1日4本観れました!

こちらはぼくの体験談。

イオンシネマで1日4本映画を観た際にこの裏技を試したところ、無事に最後までどうしようもならない痛みになることなく映画を楽しむことができました。

元々お尻痛くなりがちですし、1日4本は初めての体験。どうにもこうにも耐えられなくなったら途中で離脱する覚悟での鑑賞でしたが、裏技を使って無事に完走。

 

これはぼくの中での鑑賞ライフが変わった瞬間でした。

おのぺー
おのぺー

もうお尻の痛みに悩まされないでいいんだ!

 

ちなみに足下に注目して周りを見たら何人か同じことをしている人がいました

ぼくが知らなかっただけで知ってる人にとっては常識なのかもしれません…。

おのぺー
おのぺー

みんながやるくらい効果があるってことだ!

純粋に作品を楽しめる喜び

お尻が痛くなることを恐れて映画や演劇鑑賞を遠ざけている人は少なくないと思います。

 

ぼくも驚くほどすぐお尻が痛くなるタイプなので今までどの映画館、劇場でも苦しい思いをしてきました。

ちょこちょこ体勢を変えたり、お尻の下に手を置いてみたり、色々試しても痛みに耐えきれず「あ~早く終わってくれ」と思ってしまったことが星の数ほどあります。

映画や演劇が好きなのに、です。

 

どうか同じ苦しみを背負ってる人にこの裏技が届けばいいなと思います。

 

てかそんなに苦しんでるならもっと早くググれよって話なんですけどね。笑

 

もちろんこの裏技を使ったとて1ミリも痛みが生じないわけではありません!

 

でも何かひとつ小さな革命が起こりますよ。

 

さぁ、靴を脱いでかかとをあげましょう。

新しい鑑賞ライフの始まりです。

関連記事【揺れる映画館】TOHOシネマズ新宿のスクリーン5と9はハンパなく揺れます。

紹介
面白かったらシェアしてください!
フォロー・チャンネル登録お待ちしてます!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
小野哲平作品、ご案内
ぼくの書いた舞台脚本がKindleで販売されてます。 ぜひご覧ください。
ぼくは毎日書いてます