小野哲平って誰やねん2019年記事ランキング!

俳優をしていて嬉しかったことを考えてみた。お金よりも大切なモノがある! 

フォロー・チャンネル登録お待ちしてます!
俳優関係

こんにちは、小野哲平です。

実はぼく…俳優業をしています。

大手芸能事務所太田プロに所属してドラマに出たり舞台に立ったりしています。

それに加えて自分で脚本を書いて演出して仲間を集めて舞台も作っています。

  • ドラマに出る
  • 大きな舞台に立つ

  • 自分で作品を作る

どれもこれも小さい頃からの夢です。

時間は掛かりましたがそれらをひとつずつ叶えてきました。

胸を張れるような大きい仕事は少ないけれど、

それでも自分は「プロの俳優」であるという自覚を持って日々生活しています

 

おのぺー
おのぺー

お金がない!

ののみー
ののみー

仕事がない!

だいらく
だいらく

人気がない!

 

三重苦のイメージが強い俳優。

100人が目指しても1人成功するかどうかの厳しい世界です。

99人は俳優業では生活できずに泥水をすすって生きています。

俳優の世界はめっちゃ厳しい。ゴールがないのに全速力でずっと走ってる感覚。
役者が貧乏な理由は【稼ぎたいと思う人が少ない】からです。 | ぼくは毎日書いてます
役者と言えば貧乏。世間のイメージは的確で実際に大多数の役者が貧乏です。でもどうして貧乏なのか考えたことがありますか?それは【稼ぎたいと思う人が少ない】からです。

でも、売れてなくても楽しいことって沢山あるんですよ!!

いや、むしろ楽しいことだらけです!!

ヤケクソじゃありません!(涙目)

 

ざっとまとめるとこれくらい嬉しいことがありました!

  • ドラマに出れた
  • 有名人に会えた

  • 仲間に出会えた
  • 応援してもらえる

  • かつての友人が集まる

  • 人前で話すことに抵抗がなくなる

  • 自分の感情と向き合える

そこで今日は俳優をしていて嬉しかったことをまとめます。

  • これから俳優を目指したい人
  • 俳優で頑張ってる人
  • なんとなく俳優を続けてしまってる人

みんなでウンウン頷きながら読んでください!

スポンサーリンク

ドラマに出れた

一番はこれでしょう。

ドラマに出れた。

目指す俳優の形は俳優志望の数だけありますが、

基本的には「テレビドラマで活躍する人」に憧れるのが最もポピュラーな形です。

 

テレビや映画、映像で活躍したいと思うのがシンプルな願いです。

ぼくもそうでした。

 

というか、ぶっちゃけた話。

世間的にはテレビに出ないと俳優と認めてもらえません。

 

俳優を目指して小劇場で頑張っていた頃、ぼくが俳優をしていると聞いた親戚や知り合いは揃って

「どのドラマ出てるの?」 ←悪気はない

と聞いてきました。

おのぺー
おのぺー

・・・(答えられねぇ)

完全に俳優あるあるです。

 

もちろん舞台俳優も立派な俳優です。

ドラマには出ずとも素晴らしい俳優が山ほどいます。

 

だがしかし!

今だに一番影響力があるのはテレビです。

 

ぼくも数えるくらいしかドラマに出ていませんが、

それでも今だに「ドラマ見たよ」と言われるくらいです。

なのでドラマに出るという俳優志望が最初に抱く夢をちゃんと達成できたのは嬉しいです。

一般人の感覚としてテレビに出ていないと俳優だと認識できない。

有名人に会えた

これも大変嬉しかったことです。

「俳優になりたい=俳優を研究する」は必須なので沢山ドラマを見て育ちました。

 

テレビでずっと見ていた俳優と現場で会うのはめちゃくちゃ嬉しかったです。

というか単純にミーハーなので、会う度に「うわ!◯◯だ!!」と内心舞い上がってました。

 

ここで名前を出すのは忍びないので隠しますが、会いたいと思ってた方はほとんど会いました!

おのぺー
おのぺー

会いました、というか見掛けましたも含まれますが…

憧れの俳優と共演できるように頑張る、というのも高いモチベーションを保つ上で大切なことです。

小さい頃観てた人に会うとマジでテンション上がる

仲間に出会えた

俳優業…特に売れない俳優をしていると同じような境遇の俳優に沢山出会います。

 

  • みんな今の生活に悩み、将来が不安。
  • でも俳優であることを楽しく過ごしている。

中にはビックリするくらい嫌なヤツもいるけど、それでもだいたいはいいひとです。

 

切磋琢磨して互いに技術を向上させたり、夢を語ってお酒を飲み明かしたり、

俳優をしていなかったら絶対友達になれなかっただろうな、と思う人もいます。

 

互いに俳優を志すという人生の交錯で出会った仲間の存在はいつでも嬉しいです。

今日も俳優仲間の誰かが舞台に立ってるということが嬉しい。

応援してもらえる

これも俳優あるある。

長いこと続けていると応援してくれる人が増えます。

 

身内や友達に応援してもらえるのも感謝感謝ですが、

知り合いじゃない方から応援されるようになったときの嬉しさは言葉で言い尽くせません。

 

舞台のときに頂いたお客様からの手紙はどれも宝物です。すべて大切に保管してます。

この直接の知り合いじゃない方にどれだけ応援してもらえるかが俳優として活動していく上でのモチベーションに大きく関わります。

応援してもらえるのは嬉しい。

かつての友人が集まる

ぼくは自分で脚本を書いて演出して舞台を作っています。

そうすると「小野の作品だから」とこれまでに交流があった方々が沢山来場してくれます。

 

高校や大学の友人たちはぼくの舞台を「みんなが定期的に集まる場所」にしてくれています。

ぼくの舞台を見た後で飲みに行く。

ちょっとした同窓会です。

  • ぼくの作る作品
  • ぼくが俳優活動をしていること

人同士を結び付ける役割を果たしていることを嬉しく思います。

沢山の知り合いが一堂に会すること。自分の舞台が他の人の恒例行事になるのが嬉しい。

人前で話すことに抵抗がなくなる

これはスキル。

俳優として人前で表現することに慣れると大勢の前で話すことに抵抗がなくなります。

 

優秀な方でもプレゼンが下手な人いるじゃないですか?

  • 声が小さい
  • 視線が定まらない
  • ジェスチャーができない
  • 自信がなさそう

俳優として勉強していく過程でそれを補うスキルは自動的に習得しました。

人前で臆することなく堂々と話せるのは単純に能力として嬉しいです。

人前で堂々と話せるのが嬉しい。

俳優を後悔している人は少ない

ここに挙げたのはほんの一握り!!

俳優になると楽しいことや嬉しいことは他にも山ほどあります!

 

細かい点は人それぞれ違うと思いますが、間違いなく言えるのは、

俳優をしている(していた)ことを後悔してる人は少ないということです。

俳優であることを後悔してる人は少ない。
 
飲みの席や冗談で「俳優なんてならなければよかった~」という人はいます。
しかしそれは本心ではないでしょう。
 
生活の困窮や自分の能力など、俳優活動をする上で二次的に派生する問題については誰もが頭を悩ませます。
 
しかしながらそれは俳優としての表現活動そのものを否定したり後悔しているとは別問題です。
 
舞台やカメラの前で思う存分自分を解放することは俳優の醍醐味であり、それが上手くいったときの嬉しさはここでいくら言葉にしても100%は伝わらないでしょう。
 
つまり俳優の本当の嬉しい部分は、俳優を経験しなければ絶対に分かりません。
想像では遙かに及ばない嬉しさがそこにはあります。
俳優業の最高に嬉しい瞬間はやってみないと分からない。

嫌なことはその100倍ある!

と、嬉しいことを沢山まとめてみましたが、光あるところに必ず闇はある。

俳優をしていて嫌だったことはこの100倍あります(笑)

でもそれはどんな仕事をしていても同じですね。

自分が俳優であることを誇りに思って、今後も活動を続けていきます。

 

また、俳優志望で本記事に辿り着いた方は

  • ぼくがプロの俳優になるために必要だと思うこと

を過去記事にまとめてあるのでよければそちらもお読み下さい。

真剣に俳優になりたい貴方が今すぐすべき5つのこと | ぼくは毎日書いてます
俳優だけでなく夢を目指す若者にこれだけはしっかりやるべきという5つのことを紹介しました。間違ったことは書いていません。是非読んでもらいたいです。
俳優関係
面白かったらシェアしてください!
フォロー・チャンネル登録お待ちしてます!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
小野哲平作品、ご案内
ぼくの書いた舞台脚本がKindleで販売されてます。 ぜひご覧ください。
ぼくは毎日書いてます