小野哲平って誰やねん2019年記事ランキング!

舞台のチケットを沢山売りたいなら役者間でお金を回してはいけない

フォロー・チャンネル登録お待ちしてます!
俳優関係

こんにちは、小野哲平です。

俳優ブロガーとして活動しています。

今日は役者の悩みについて

舞台を主戦場として活躍してる役者に必ず降りかかる悩み。

それは…

もっとチケットを売りたい!!

これは舞台に出演する全ての役者が思っていることです。もちろんぼくも例外ではありません。

おのぺー
おのぺー

売りたいよ~

でも舞台ってなかなか足を運んでもらえませんよね?

じゃあどういう人なら来てくれるんだろう?

舞台を観に来てくれる可能性が高いのは舞台関係者。つまり役者仲間です。

役者であれば舞台に呼べるハードルがぐんと下がります

何故なら同業者だから。

舞台って何?行ったことない!という人よりは圧倒的に誘いやすいし来てくれる確率も高いです。

つまり役者仲間の知り合いが増えれば舞台のチケットがどんどん売れる。

どんどん売れればチケットを売りたいという悩みは解決する。

そう考えて片っ端から知り合いを増やしている人も多いことでしょう。

ぼくも一時期はそうやってチケットを売っていました。

劇団ワークショップに参加してその打ち上げで知り合いを増やして互いの舞台に足を運んだりしていました。

連絡先を知ってる役者に片っ端から舞台の告知をしていました。

しかしそれは本当に正しいことなのでしょうか?

一度立ち止まって考えてみませんか?

本記事ではその考え方に待った!を掛けます。

スポンサーリンク

役者仲間を増やしてチケットを売るな

結論としては「役者仲間を増やしてチケットを売る戦法はやめた方がいい」です。

この場合の役者仲間とは「互いの舞台を見に行く程度の交流しかない、持ちつ持たれつで関係が成り立っている相手」を指します。

過去の共演者や何となく知り合った役者、連絡先を知ってる相手を都合の良い関係にして、

チケットを売っていく戦法は今すぐやめた方がいいです。

その理由を順番に説明します。

そもそもどうしてチケットを沢山売りたいのか。

その根本を考えましょう。

どうしてチケットを売りたいのか

考えられる理由は二つです。

  • お金のため
  • 評価のため

お金のため

出演するにあたりチケットノルマが課せられていて、それを達成しないと自分が身銭を切る契約になっているから。

また、チケットを売った枚数に応じてギャラがもらえるチケットバックシステムだから。

要するにお金のためです。

チケットノルマについてはこちらをどうぞ!

【チケットノルマとは】舞台に出演したのに自腹でお金をとられる謎のシステム。
小劇場の常識「チケットノルマ」。その不思議なシステムについて詳しく書きました。これを読めば小劇場役者の生活が分かります。

評価のため

チケットを売れる役者だと認められれば次の舞台も呼んでもらえます。

制作側はチケット売上枚数の予想を立てて公演を組むので、

チケットが沢山売れる役者はそれだけで重宝されます。

それはどの舞台でも同じです。

おのぺー
おのぺー

興行主としては売れるだけ売ってほしいよ!

役者としての評価のためにチケットを売る。

それはとても正しい行動です。

来てくれたら行かなければ行けない

売りたい理由がお金にせよ評価にせよ両方にせよ、とにかくチケットは売りたい。

だから舞台に足を運んでくれやすい同業者の知り合いを増やしてチケットを買ってもらう。

安易ですが理にかなっています。

ですが、ここで一度立ち止まって考えてください。

あなたが役者の知り合いを増やして自分の舞台に来てもらうなら、あなたも知り合いの舞台に行かなければなりません

来てもらっておいて自分は行きません、というのはルール違反ですし、長い目で見たら自分の評判を落とすだけです。

信頼を失うということは役者界だけでなく全ての業界で最も恐ろしいことです。

つまり「役者の知り合い=舞台を観に来てくれる人」が増えるほど、あなたが足を運ばなければいけない舞台が多くなります。

舞台を観るのはチケット代が掛かります。

観る作品の数だけ出費が増していくのです。

お金のために役者の知り合いを増やしているのに、結果として出費が増えていきます。

おのぺー
おのぺー

矛盾です

呼んだ分だけ赤字になる

数字で説明しましょう。

説明の為に全ての舞台を均一で3000円。
チケットノルマはナシとしました。

片っ端から連絡をして、

あなたの舞台に役者仲間が10人来てくれました。

3000円のチケットが10枚売れました。

3000×10で30000円です。

でもその30000円はそのままあなたの懐には入りません。

興行主の手に渡り、あなたの手元に入るのは定められたチケットバックの金額です。

団体によって変動がありますが一枚500円が相場です。

一枚500円のチケットバックなら10人で5000円

あなたのギャラは5000円です。

3000円のチケットを10枚売って5000円を手にする。

続いてその10人の知り合いが出演している舞台を順々に観ていきます。

3000円×10枚でこちらも同じく30000円

しかしこちらは出費です。

3000円のチケットを10枚買って30000円払う。

10人呼んで得たお金が5000円
10人の舞台を観て払うお金が30000円

(30000-5000=)25000円の赤字です。

実際は同じチケット代ということはなく、知り合いが複数人一気に出演してる舞台という可能性もありますが、言わんとしてることは変わりません。

(チケットの為に)役者の知り合いを増やすことで身を滅ぼしてませんか?

互いの舞台を行く行かないで成り立っている関係はただ狭い世界でお金を循環させているだけに過ぎません。

何のために舞台を観るのか

ですが、正直気持ちはめっちゃ分かります。

舞台を知らない層よりも舞台関係者を誘う方が何倍も誘いやすいです。

そして来てくれたから自分も行くのは自然な流れです。

でも実際そのパターンを繰り返すと出費が増えるのに加えて、

舞台に行くことが義務になって苦痛になります。

あと段々細かいことが気になってきます。

ぼくの舞台は3000円だったのに、あいつの舞台は4500円じゃないか。損してる!

えぇ!?こんな場所でやるの?交通費かかるなぁ…

という具合です。

本来舞台とは行きたい人が行くべきものなのに、その部分とはかけ離れた場所で悩みが深まっていきます。

ぼくはそうでした。

観劇を楽しむわけではなく、付き合いの為に舞台を観るようになっていました

それは作品に対して失礼です。

言うまでも無く個人的に行きたい舞台はこの範疇にありません。

役者以外を呼びこもう

でもチケットは売らなければいけない。悩みは消えない。

この問題に対する提案はただひとつ。

「舞台に行くことに抵抗がない一般の方を自分のファンにする」。

ファンとは、見返りを求めることなく純粋にあなたの演技に対してお金と時間を使ってくれる人です。

そういう人をあなたのファンにしていけば、今の現状は打破できます。

え、待ってくれって?
それができないから関係者を誘ってるって?

断言します。

そこに挑戦しない限りあなたは一生そのループから抜け出せません。

狭い世界でお金を回してると大きなお金がそのループに入ってくることはありません。

仮に金貨5枚を三人で回しているなら、

  • 一人が5枚で残りが0枚
  • 二人が2枚で残りが1枚
  • 一人が2枚、もう一人が2枚、残りが1枚

という具合にパターンは複数あれど、

三人合わせた総資産はずっと金貨5枚のままです。

これは誰かが一時的に潤っている状態を交代で回しているだけです。

なので、まずはそこにより多くの金貨を投入する必要があります。

トータルの金貨の枚数を増やさなければいけません。

役者が金貨を持っていないのであれば、役者以外の人、不特定多数の参入が必要なのです。

まとめ あなたの価値を高めよう

今はTwitter、YouTubeなどで無料で自分を発信できるし、

オンラインサロンで人に知り合うこともできます。

役者界では客を呼べない存在であっても、

舞台に縁遠い世界の人からすれば役者というだけで希少価値があります

舞台に縁がない人からすれば舞台に立っているだけで凄いことなのです。

このようにフィールドを変えることで自分の価値は高めることができます。

大切なのはどのフィールドで戦うのか。

例えばぼくは「俳優でありながら本格的にブログを運営してる」という部分で希少価値を高めています。

おのぺー
おのぺー

わたしが俳優ブロガーだ!

では、あなたはどうしますか?

役者以外からお金が流れるようにしないと無限ループは終わりません。

戦略はこうです。

役者であることが珍しいとされる環境で自分の価値を高め、そこで知り合った人を舞台に誘い込む

目先の欲に溺れ、チケットを売るためだけに普段付き合いのない役者を無理に舞台に誘うのはやめましょう。

あなたがブログやTwitterで宣伝するだけで、自然にチケットを予約してくれる人を一人ずつ増やしていきましょう。

日々のバイト先や新たな出会いの場であなたの魅力が伝えることができれば、きっとファンは増えていきます。

その為に頭をフル回転させてください。

大丈夫、あなたならきっとできます。

安易にチケットを売ろうとして身を滅ぼしていくのはもうやめましょう。

俳優関係
面白かったらシェアしてください!
フォロー・チャンネル登録お待ちしてます!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
小野哲平作品、ご案内
ぼくの書いた舞台脚本がKindleで販売されてます。 ぜひご覧ください。
ぼくは毎日書いてます