まずはここをクリック!読んでほしい厳選10記事!

唐沢寿明「ふたり」/ ぼくの人生を変えた本

小野哲平をフォローしよう!
書籍紹介

小さい頃から読書が好きで、

今まで沢山の本を読んできました。


小学生のときは漫画が多かったですが、

中学生になり、

友人が当時流行っていた鈴木光司の「リング」を貸してくれてから、

全面文字で埋め尽くされた小説新書を求めるようになりました。

寝る前の一時間を読書の時間と決めていたぼくは、

本を通じて様々なことを学びました。

今でも本を読まない日はありません。

そんな数限りない本から影響を受けているぼくですが、

大切な本を一冊だけ挙げろ

と言われたら迷わずこの一冊を選びます。

唐沢寿明「ふたり」

この本は「大切な本」という言葉以上に、

ぼくそのものに深く影響した人生の一冊です。

中学二年生のとき、

この本に出会ってぼくの人生は変わりました

役者を志したときからずっと言い続けていますが、

ぼくが最も憧れている役者は唐沢寿明さんです。

役者を目指したから唐沢さんに憧れたのか、

唐沢さんに憧れたから役者を目指したのか、

自分で分からなくなるほど、ぼくのスーパースターです。

この本、「ふたり」はそんな唐沢さんのエッセイです。

唐沢さんが高校をやめてから、

どのようにして役者になったのかが赤裸々に書かれています。

決して軽い内容ではありません。

若き日の唐沢さんの苦悩が、葛藤が、

そして絶対に這い上がるんだという強い意志が、

文面から伝わってきます。

以下、冒頭引用。

ずっとずっと「ひとり」だった。
学校から抜け出し、家や養成所からは追い出された。
食べるためにもぐり込んだバイトにもなじめなかった。
自分たちで作った劇団も消滅した。
居場所がなかった。
それでもひとつだけわかっていたことがある。
役者になりたかった。

役者のエッセイの領域を遙かに超えて、

人生の哲学書といってもいい素晴らしい本です。

発売されたのは1996年ともう20年以上前になりますが、

時代が変わっても、夢をあきらめない心の大切さは変わりません。

高校生で家を飛び出し、たった「ひとり」であがき続け、

何度挫折しようとも、何があろうとも、

必死に夢を追いかけ成功を掴んだ男の実録です。

今まで何度も引っ越してその度に自分の荷物を捨ててきましたが、

この本だけはずっと大切に持っています。

ぼくが死んだら棺桶にいれてほしいです。

この本に出会って、唐沢さんの人生観に触れることが出来たから、

今の自分があります。

内容は濃いですが、文体はとても読みやすいです。

もし機会があればお読みください。

貴方の人生を変える一冊になるかもしれません。

スポンサーリンク
書籍紹介
スポンサーリンク
面白かったらシェアしてください!
小野哲平をフォローしよう!
ぼくは毎日書いてます