おのぺーって誰!?こちらをどうぞ!

新橋演舞場は一階後方よりも三階のがお金も見え方もお得!?座席図(画像あり)で考えよう!

小野哲平をフォローしよう!
紹介

こんにちは、小野哲平です!!

今日は新橋演舞場の座席について書きます。

以前「犬神家の一族」を鑑賞した際、

一階席ではなく三階A席を取っていたので、
舞台が遠すぎて全然見えないのかな、と思っていました。

ですが実際に見てビックリ!!
想像以上に舞台がハッキリ見えました。

何気なく呟いたこのツイートが沢山の方に共感されたので、
今日は新橋演舞場の座席について説明します。

新橋演舞場の座席について

まず新橋演舞場は全部で1428席。
座席図はこちらです。

松竹の公式HPにある座席区分(2018年12月現在)は、
このようになっています。

少し分かりづらいですが、

ポイントは一階の後方だけでなく二階もサイド以外すべて一等席だということ。

そして完全に個人の感想ですが、
一階後方席よりも三階A席の方が良く見えます

その理由は距離と角度です。

一階前方~真ん中ならともかく後方は単純に舞台が遠いです。

前にズラーっと座席が並んでいるよりも、

三階の最前列で舞台を見下ろした方が圧倒的に見やすいです。

三階A席の方が一階後方席より良席(主観)

チケット代で考えてみよう

ここで考えなければいけないのはチケットの値段です。

舞台のチケットは決して安い買い物ではありません。

例えばぼくが出演したオセロー。

この部分に注目です。

一等席:12.500円
三階A席:4.500円

一等席と三等A席。

値段はおよそ2.8倍違います。

もちろん舞台に近い席なら断然一等席が良いと思います。

ただ一階後方や二階の隅(ギリギリ一等席)ならば、
値段も考えて圧倒的に三階A席をお勧めします。

しかし!ここで注意点!

三階の最前席で良席の三階A席、

舞台下手の花道を見ることはできません!

三階A席は花道の芝居を見ることがほぼ不可能

オススメするワザ~三階B席も購入~

花道芝居は舞台の醍醐味。

特に花道が常設されている新橋演舞場ならなおさらです。

しかし三階A席だと花道が見れない、

かといって一等席でも後方だと芝居が見れない。

そこで今回ぼくがオススメしたいのは、

三階A席と別日に三階B席も買うというワザ。

三階A席と三階B席を購入する

座席にもよりますが、
三階B席の上手側ならどうにか花道を見下ろすことができます。

ただしその分、舞台上の上手側は見えません…。

下手側は花道そのものが見えません。

なので三階B席の下手側は、
舞台下手も花道も見えないのであまりオススメはできないかも。

つまり狙うなら断然上手側です!!

【三階B席上手】花道○ 舞台上手× 舞台下手○
【三階B席下手】花道× 舞台上手○ 舞台下手×

値段もお得!!

ちなみに三階A席(4500円)と三階B席(3000円)を購入しても、
7500(4500+3000) < 12500

一等席1枚よりも5000円も安いです(あくまでもオセローの場合)。

もし一階後方や二階の隅しか空いてないときは、
この三階A席+三階B席の合わせワザで、
作品を何度も楽しんではいかかでしょうか?

三階B席下手側はNG。狙うなら上手側。

もちろん物理的な距離はあるので、
オペラグラスは必需品です!

おまけ 新橋演舞場の行き方

新橋演舞場っていうくらいだから新橋にあるのかな?と思いますよね。

実際は東銀座にあります。

おのぺー
おのぺー

歌舞伎座の近く!

演舞場公式HPに記載されているのはこの二駅。

東京メトロ日比谷線・都営浅草線 東銀座駅[6出口]より徒歩5分
都営大江戸線 築地市場駅[A3出口]より徒歩3分

でもね、ぶっちゃけ銀座駅からも行けるし、新橋駅からも歩けます。

新橋は結構歩きますが、それでも可能な距離です。

ぼくはJRで行くときはいつも新橋から歩いてしまっています。

おのぺー
おのぺー

15分くらいかな

詳しくは地図で見てください~

欲しいチケットがないときは!

見たい舞台のチケットが手に入らない!
という方は案外チケット仲介サイトで簡単に手に入ったりするので、
諦めずに探してみてください。



【チケットストリート】でチケットを探す

でも転売はダメですよ!

チケット転売問題は不正転売禁止法でも変わらないです。興行主・演者から見た視点。
今年6月から施行されるチケット不正転売禁止法で現在の転売問題は解決するのか、小野哲平が意見を書きました。

演劇動画配信サービス「観劇三昧」

舞台は高い買い物です。

時間使って交通費使ってチケット代使って、下手すりゃ差し入れ買って。

一度足を運ぶだけで結構な出費です。

それでいてはじめましての団体は面白いのかどうかも分からない。

めっちゃお金使ってつまらない、なんてことも少なくないです。

おのぺー
おのぺー

だから行かなくなりました…

ののみー
ののみー

ギャンブル要素強いんですよね

そこで紹介するのが演劇動画配信サービス「観劇三昧」です。

このサービスに登録(無料と有料アリ)すると1239本の舞台作品が映像で楽しめます!!

有名劇団も参加してるし、無料登録で見ることのできる作品も沢山あるので、

得体の知れない舞台に足を運ぶよりはこのサービスで色々確認すべきです!!

おのぺー
おのぺー

小劇場の雰囲気もわかります!

紹介
面白かったらシェアしてください!
小野哲平をフォローしよう!
ぼくは毎日書いてます