はじめましての方はこちらをどうぞ!

一階後方よりも三階のがお得!?新橋演舞場の座席図(画像あり)で考えよう!

小野哲平をフォローしよう!
紹介

こんにちは、小野哲平です。

以前書いた舞台「犬神家の一族」、
この作品は新橋演舞場で上演されました。

これが新派だ!!舞台「犬神家の一族」感想!!
新派130年、舞台「犬神家の一族」が実に素晴らしい舞台でした。

一階席ではなく三階A席を取っていたので、
舞台が遠すぎて全然見えないのかな、と思っていました。

ですが実際に見てビックリ!!
想像以上に舞台がハッキリ見えました。

Twitterでも共感されたので、
今日は新橋演舞場の座席について説明します。

新橋演舞場の座席について

まず新橋演舞場は全部で1428席。
座席図はこちらです。

松竹の公式HPにある座席区分(2018年12月現在)は、
このようになっています。

少し分かりづらいですが、

ポイントは一階の後方だけでなく二階もサイド以外すべて一等席だということ。

そして完全に個人の感想ですが、
一階後方席よりも三階A席の方が良く見えます

三階A席の方が一階後方席より良席(主観)

チケット代で考えてみよう

ここでチケットの値段を比べて見ましょう。
舞台のチケットは決して安い買い物ではありません。

例えばぼくが出演したオセロー。

この部分に注目です。

一等席:12.500円
三階A席:4.500円

値段はおよそ2.8倍違います。

もちろん舞台に近い席なら断然一等席が良いと思います。

ただ一階後方や二階の隅(ギリギリ一等席)ならば、
値段も考えて圧倒的に三階A席をお勧めします。

しかし!ここで注意点!

三階A席は花道の芝居を見ることがほぼ不可能

オススメするワザ

そこで今回ぼくがオススメしたいのは、
三階A席と別日に三階B席も買うというワザ。

座席にもよりますが、
三階B席の上手側ならどうにか花道を見下ろすことができます。

ただしその分、舞台上の上手側は見えません…。

下手側は花道そのものが見えません。

なので三階B席の下手側は、
舞台下手も花道も見えないのであまりオススメはできないかも。

つまり狙うなら断然上手側です!!

ちなみに三階A席(4500円)と三階B席(3000円)を購入しても、
7500(4500+3000) < 12500

一等席1枚よりも5000円も安いです(あくまでもオセローの場合)。

もし一階後方や二階の隅しか空いてないときは、
この三階A席+三階B席の合わせワザで、
作品を何度も楽しんではいかかでしょうか?

三階B席下手側はNG。狙うなら上手側。

もちろん物理的な距離はあるので、
オペラグラスは必需品です!

また、見たい舞台のチケットが手に入らない!
という方は案外チケット仲介サイトで簡単に手に入ったりするので、
諦めずに探してみてください。



【チケットストリート】でチケットを探す

紹介
面白かったらシェアしてください!
小野哲平をフォローしよう!
ぼくは毎日書いてます