まずはここをクリック!読んでほしい厳選10記事!

𠮷村旋「性別「モナリザ」の君へ 。」 / もしもあなたの愛する人に性別がなかったら…

小野哲平をフォローしよう!
書籍紹介

こんにちは、小野哲平です。

今日はオススメコミック紹介!

本日紹介するコミックは「ガンガンONLINE」にて連載中の作品、

性別「モナリザ」の君へ。です。

この作品は「性別」という非常に繊細なテーマを扱っています。

性別がない状態で生まれ、12歳くらいで、男になるのか女になるのかの性分化が起きるという世界で主人公だけが18歳になっても性別を持っていません。

その主人公の幼馴染み二人はそれぞれ男子と女子。

短い言葉でまとめるならば性別を持たない18歳の主人公が幼馴染みの男女に告白されて心と身体を変化させていく物語です。

おのぺー
おのぺー

切ないよ!

スポンサーリンク

あらすじ

もしあなたに性別がなかったら、あなたはを好きになりますか――…。

この世界で人間は12歳を迎える頃、自分がなりたい性へと次第に身体が変化していき、14歳になる頃には男性か女性へと姿を変えてゆく。でも自分だけは性別がないまま、18度目の春を迎えた…。

もしも性別が存在しなかったら?

ぼくたち人間は生まれたときから性別が決まっています

これを書いてるぼくも、読んでる貴方も、男性か女性か、

そのどちらかの性を持って人生をスタートさせました。

もし生まれたときが無性別で成長と共にどちらかの性を選択する世の中だったら?

そんなことを考えたことはありますか?

この作品は生まれたときに性別を持たず、12歳を境に自分が望んだ性に身体が変化していくという世界で、無性別のまま18歳になってしまった主人公が今まで普通に接してきた幼馴染みに告白されるところから物語が始まります。

LGBTなど生まれながらの性別にとらわれない「個人の在り方」が囁かれている今の時代に、望んだ・望まない性別ではなく、性別そのものを与えられなかった主人公の心の機微を通じて「性別の認識と共に見え方が変わる世界」を丁寧に描いているのが本作です。

性別と共に見え方が変わる世界とは?

本作の優れているところは、ほとんどの人間が小学生のときに自ずと理解するであろう「好きの違い」を18歳の高校生の視点から描くところです。

同級生は皆、性別を持っており、それに伴い異性を好きになるということを理解しています。

しかし主人公だけが無性別のままであり「好き」という言葉に種類があることを理解できません。

「友情としての好き」「異性としての好き」の違いが分からず戸惑い、そして主人公に恋する幼馴染みの男女もその気持ちを正確に教えることができません。そうした中で主人公は男友達に肩を抱かれてドキッとしたり、女友達の手に触れてその柔らかさに愛おしさを感じて、少しずつ男女の違いを意識し始めます。

昨日まで日常だったことが非日常になる、これが性別の認識と共に見え方が変わる世界です。

みどころ

肉体の変化=答え

前述の通り、主人公は幼馴染みの男女二人に告白されて心が揺れ動きます。

しかし今の状況を変えたくないとどれだけ答えを引き延ばしても、主人公のホルモン値の変動によって肉体の変化がそのまま告白の答えってしまいます。

つまり主人公が男性になれば女子からの告白を受け入れていて、女性になれば男子からの告白を受け入れている。

どれだけ言葉を連ねても心がどちらに動いているのかが周りに伝わってしまいます。

それがとても残酷に映ります。

おのぺー
おのぺー

隠しようがないんだぜ

戻れなくなってしまった時間

男性として女性とデートをする主人公と、女性として男性とデートする主人公。

それぞれのデートでの魅力や友人を異性として見たときの気付きが繊細です。

そしてそれに戸惑う主人公の様子が可愛らしく、男女を意識した時点で戻れなくなってしまった時間と、それを失わないように明るく努める三人の友情模様が切ない対比を生み出します。

まだ2巻まで

コミックはこれを書いてる2019年6月現在でまだ2巻までしか出ていません。

なのでこれから読もうという方も全然間に合います!!

おのぺー
おのぺー

1.2巻は重版が決まったそうです~

性別とは何なのか、昨今取り上げられることが多い題材ではありますが、それだけ世間の関心が高く見て見ぬフリしてはいけない問題なのかと個人的には感じています。

「好き」という言葉に、いくつもの意味があることを知ってしまった主人公が今後、どのような行動を取っていくのか、先の展開が楽しみです → 試し読みはこちらから

スポンサーリンク
書籍紹介
スポンサーリンク
面白かったらシェアしてください!
小野哲平をフォローしよう!
ぼくは毎日書いてます