まずはここをクリック!読んでほしい厳選10記事!

2019年4月15日放送しゃべくり007 ジャニーズWEST回 全記録

小野哲平をフォローしよう!
ジャス民

この記事は2019年4月15日に放送された「しゃべくり×深イイ」SPのしゃべくりパート、

ジャニーズWESTゲスト部分のトーク書き出しです。

各メンバーが特技を披露する箇所は文章にしずらいので割愛し、読み物としても楽しめるトーク部分だけを書き出しました。

(注)番組内での話し言葉をそのまま文章化してるのでおかしな部分もあります。

しゃべくりメンバーの名前は黒太字

WESTメンバーの名前は担当カラーにしています。

【中間淳太】黄色にすると文字が見えなくなるのでこの色にしています。
スポンサーリンク

番組冒頭~オープニング終わり

羽鳥「本日のゲストはきょうが勝負!なんとか結果を残したい自称・崖っぷちアイドルです」

深イイ話からの画面切り替えで

上田「どなたなんでしょうかねぇ。それではお招きいたしましょう。本日のゲストはこの方です。」

ゲスト登場の音楽。

扉開く。登場するジャニーズWEST

歓声が上がる観覧席。

上田「はい、本日のゲストは(歓声に消されつつ)ジャニーズWESTの重岡大毅さん、桐山照史さん、中間淳太さん、神山智洋さん、藤井流星さん、濵田崇裕さん、小瀧望さんでーす」

止まらない歓声。盛り上がるメンバー。

上田「いやいや、全然崖っぷちじゃない。すげえ人気じゃん。何が崖っぷちだって感じるの?」

小瀧「ぼくらもデビューしてまる五周年になるんですけど、ゲストで来てたキンプリ、あいつらが去年にデビューしたんですけど、もうすごい勢いでぶち抜かれてるんですよ」

一同、笑う。

上田「いやいや違う。抜かれちゃいないだろ?」

いやいや、と否定するWEST。

重岡「あいつら売れ方エグいっすよ」

藤井「デビューシングルぼくたちの、ぼくたちのデビューシングルの倍いってますから」

名倉「マジで?」

小瀧「信じたくない、信じたくないですけど、数字が物語ってる」

中間「このしゃべくりもこの間のキンプリのおこぼれやと思ってますから」

上田「いやいやそんなことはない!みんなキンプリ意識してるの?年齢全然違うじゃん。」

重岡「いや、でもアイツラ事務所の期待値エグいっすから」

桐山「何やろうな。ジャニーズWESTはね、事務所にあんまハマッてないんすよね」

有田「確かにこの間キンプリ来たでしょ、そんときはみんなぐわーっと質問してたもん。今上田しか話してないもんね。」

慌てるメンバー。

神山「聞いてください!」

上田「興味を持て!」

名倉「持ってる持ってる、(有田を指して)あいつや、あいつ」

神山「有田さん、顔」

有田「(作り笑顔で)宜しくお願いします」

一同、笑う。

上田「君たちいくつぐらいなんだっけ?」

中間「ぼく一番上なんですけど、今年32です」

観覧席から「え?」の声。

有田「え、そんないってんのもう」

中間「はい、ぼく昭和生まれです。だから令和の二つ前です」

上田「昭和か!」

中間「昭和生まれなんです」

上田「一番下誰なの?」

小瀧「僕です」

上田「いくつー?」

小瀧「ぼく23です今年」

上田「え!?そんなに幅あんの?」

小瀧「そうなんです。だからぼく世代的にはキンプリなんですよ」

「世代はな!」「残念やったなぁ!」の声。

小瀧「だからぼく、入るグループ間違えたんです」

上田「今からでも遅くない、キンプリに入れてもらえ」

小瀧「そうですよね」

と、前に進もうとする小瀧を重岡・濵田・桐山が止める。

濵田「アカンアカンアカン」

小瀧「放せ!」

重岡「やめろ!」

桐山「お前がおらなくなったらホンマに終わる」

一同、笑う。

上田「終わらないよ!」

原田「前に出よう感が凄いよ」

名倉「みんなもうしゃべり方が横向いてる!こんなアイドルおらへんよ!」

OPトーク終了。

座りトーク

中間淳太イジり

上田「改めまして本日のゲストはジャニーズWESTの皆さんです」

一同「おねがいします!」

観覧席から「いえーい」の声。

上田「えー2014年4月に、CDデビュー。だから今年で五年目。えージャニーズWESTの皆さんですけれども、このさ、ジャニーズWESTでデビューしますと、中間くんなんてもう9コくらい年上なわけじゃん、小瀧くんからしたら。どんな気分だったの?9コ上の人と一緒にデビューっていうのは」

小瀧「マジかって感じです」

中間「おい!マジか!そう思ってたの!?嘘でしょ?五年目にそれ聞かされるの?」

上田「でもさ、9コ離れてるとあんま話合わねぇ、例えばさ、子供の頃見てたテレビの話が合わねぇなとかさ。やっぱジェネレーションギャップ感じる?」

小瀧「感じます、やっぱ音楽で結構感じますね」

上田「大事じゃんか音楽。君ら専門家なんだから。そこでズレ感じるの?」

小瀧「そうですね。ぼくは世代的にはGReeeeNさんとか」

上田「あぁ。中間くんは?」

中間「ぼくはそれこそ、初めて買ったのはとんねるずさんのガラガラヘビがやってくる

上田「だいぶ違うな!やっぱり、世代がね~」

一同、笑う。

上田「重岡くんいくつ?」

重岡「今26ですね」

上田「26…藤井くんは?」

藤井「25です。一個下で」

上田「じゃあまぁ、この辺は気遣いとかあんま別に」

藤井「まぁもうないですね」

重岡「ないなー」

藤井「でもメンバー全体呼び捨てなんですよ。くんとか全く付けてなくて」

上田「じゃあ小瀧くんもオイ!中間って感じなの?」

小瀧「淳太です。下の名前」

中間「最近はおじさんて呼んできますけど」

観覧席、笑い。

原田「かわいそうだよ!」

上田「なんか中間くんかわいそう」

名倉「中間くんかわいそうやな」

原田「ドンドンやせ細ってっちゃうよ」

一同、笑い。

上田「確かに中間くんにこういうところで違和感がありますって情報、他ある?神山くんとか何かあるか?」

神山「そうですね…あ、ギャグ!オヤジギャグが多いんですよ」

上田「(賛同してる桐山に)だって、桐山くんそんな変わらないだろ?年齢」

桐山「えっと、二つ下ですね」

上田「でもオヤジギャグが」

桐山「オヤジギャグ多いなー(隣の神山に)」

上田「例えばどういう?」

有田「どういうやつ?」

桐山「ブログとかもやってるんですけど、最後おやすみって入れるんですけど、そこでおやすミンミンゼミとかって入れるんですよ」

重岡「毎回やってるねんな」

桐山「誰にも触れられてないのにずっとやってんすよ」

上田「(中間に)どこで好評を博してんの?それは」

中間「え?」

上田「え?じゃなくて。だって、あれいいですねーって声があるから続けてんの?」

中間「いや、自己満足です。思いついたこと言っちゃうんで」

上田「じゃあヤメな!」

メンバー、爆笑。

中間「やめたほうがいいですか!?」

上田「うん」

中間「じゃあやめときます」

関西と東京の待遇の違い

上田「何かここにさ、関西と東京で待遇が違う、みたいな」

小瀧「これは違うんすよね」

上田「そういうもんなの?」

小瀧「仕事の量が圧倒的に違いますね」

上田「Jr.の頃って話?」

小瀧「Jr.の頃ですね」

重岡「そうですね、衣装とかも違ってましたね」

上田「何が?」

重岡「いや基本僕ら袖なかったですもん、ノースリーブでした」

一同、笑う。

上田「いや、それはそういうファッションだろ!」

有田「お金がないからじゃないでしょ!?」

重岡「いやノースリーブ多かった!(後列に)なぁ?」

神山「(賛同して)多かったんです!」

上田「布の量の問題じゃないだろ!」

藤井「キラキラのヤツあるじゃないですか?ジャニーズがよう着る。あの量ももうめちゃくちゃ、三粒くらいしか付いてない」

一同、爆笑。

上田「マジか!?」

藤井「極端ですけど!」

重岡「誰かの衣装にファーが付いたらそいつの周りに集まってましたもん。ファーついとるやんけお前!って」

小瀧「あったー!」

上田「それぐらいで?」

重岡「ファーあるやんけお前って」

藤井「関西は今推してる一人にしかファーが付けれないんですよ」

観覧席から「えー??」の声。

上田「マジか?」

藤井「当時ですけど、東京はみんなついてるんですよ」

有田「誰かひとりを推すの?」

藤井「そうですそうです」

有田「(メンバーに)誰か推されてたの?」

上田「誰がファー付けてたの?」

メンバー重岡です

上田「重岡くんファー付いてたのか!」

重岡「ぼくファー付けてもらうことありましたね」

有田「自分じゃねぇか!!」

重岡「すいません」

有田「じゃあ皆集まってきた?」

重岡「みんな集まってきて、気持ちよかったっすね、うふふ」

止まらない衣装の話

上田「じゃあお弁当もセコいとかそんな感じだったりするの?」

藤井「また衣装の話戻るんですけど」

上田「あぁいいよ」

重岡「全部言うとこ」

藤井「これデビューしてからなんですけど、あの、ちょっとペラッペラの衣装がありまして、ほんと、見るからにペラペラやったんすよ」

上田「うん」

藤井「いやめちゃくちゃ申し訳ないんですけど、衣装さんとかにに申し訳ないんですけど、タグとか見てネットで調べたんです、ぼく」

名倉「値段をね」

一同、笑う。

上田「そしたら?」

藤井「500円でした」

観覧席から「えー!!」の声。

重岡「これマジなんですよ」

有田「ダメよ、調べたらダメ」

福田「ジャニーズが500円の衣装!?」

重岡「歌番組恥ずかしい恥ずかしい!」

有田「だって夢を与えてるわけでしょう?」

藤井「その衣装でまさにTHE MUSIC DAYとか出てましたよ、多分ぼくら」

有田「500円で!?」

原田「何かジャニーズの人達来てくれて初めてだよね、こういう会話」

上田「そうねぇ」

原田「今までなかったよ」

上田「誰なの?ライバルは、そういうジャニーズとか全体で言うと」

藤井「やっぱ同世代で言ったらHey! Say! JUMPじゃないですか?世代的に」

上田「Hey! Say! JUMPの誰なの?」

藤井「トップアイドル山田涼介は凄いなと思いますけどね」

上田「やっぱちょっと意識する?」

藤井「意識しますけど…意識した時期もありましたけど」

上田「あきらめるな!!!」

藤井「いやいやいやこのグループじゃムリだって思いました」

上田「そんなことない!!」

しゃべくりメンバーから「どうしたお前ら」「人気あるやん」の声。

上田「お前ら全部話が過去系じゃねぇか!ちゃんと未来を見て話せ!」

CMに入る。

かっこいいジャニーズWEST?

有田「勝手に自虐的な話しかしないじゃん今日だって。カッコイイ路線でしゃべらない?」

堀内「かっこいいバージョン!見たい見たい」

有田「おかしいやろ!みたいなやつばっかりだから超イケメン、超カッコイイを意識して」

上田「おぉ、じゃあちょっと頼むわ。重岡くん将来どんな感じになりたいの?夢」

重岡「夢?」

上田「夢」

重岡「将来かぁ…(腕組んで宙を見上げ考える)」

上田「違う違うごめん、あの、しゃべり方がちょっとえなりかずきっぽいの」

一同、爆笑。

名倉「(重岡の肩を叩き)ホンマやで」

原田「一発目だよ!?」

上田「アイドルの夢語るときにえなり要素ゼロ!いらないの、えなり要素は」

堀内「すぐお笑いやっちゃうからね!」

重岡、苦笑い。

上田「じゃあ、濵田くんは?」

濵田「僕ですか?」

上田「うん。だって濵田くんキミひとりしかいないから」

一同、笑い。耐える濵田。

有田「がんばれ」

福田「いけるいける、乗り切ろう」

濵田「ライバルは自分ですね」

観覧席から「ふー!!」の声。

上田「なるほど、自分に打ち勝ってどういう人間になりたいの?」

濵田「世界を…救うような」

観覧席から笑い。耐える濵田。

福田「ギリギリセーフ!」

上田「ん?キミが目指すのはアベンジャーズなの?」

笑みがこぼれる濵田。

原田「がんばれがんばれ」

名倉「笑うな笑うな」

堀内「アベンジャーズなら何が好きなんですか?」

濵田「…アイアンマン」

上田「答えんなよ!」

一同、笑い。

上田「そこ答えなくていいんだよ、アイアンマンとか」

濵田、笑わずに乗り切る。

上田「あっそう、神山くんは?」

神山「ぼくは、世界的アーティストですかね」

上田「おぉー」

観覧席から「おぉー」の声。

上田「アーティストっていうのはどういう表現方法のアーティストになりたいの?」

神山「ジャニーズWESTというジャンルを作ってやりたいと思ってます」

観覧席から大きな「おぉー」の声。

上田「かっこいい!いいね!桐山くんは?」

桐山「俺も一緒」

スタジオ、笑いで盛り上がる。

有田「いいよいいよ」

上田「あんな便乗するやつにカッコイイってことはないんだけど」

桐山「(神山を指し)全部言ってくれたね」

上田「まぁ、世界に、届けたいと?」

桐山「そうそうそうそう」

上田、笑う。

徳井「パンチ効いてるよ!」

メンバー大笑い。

上田「じゃあもう企画行くか」

崖っぷちアピール007

上田「えー今回は今年結成五周年、もっと仕事が欲しいと渇望するジャニーズWESTの為に自分たちをアピールするこんな新企画が用意されているようです、題して!ぼくたちにもっと仕事を下さい!ジャニーズWESTの制限時間20分、崖っぷちアピール007!!

観覧席「いぇーい」

その後、20分の制限時間で特技を披露する。

上田の「よーいスタート!」で開始(以下、披露順)

小瀧 頭の上にサッカーボールを乗せる

濵田 アクロバット(バック宙、側宙、540°)

神山 初見でダンスコピー 一流ダンサーkazuki登場

kazukiのダンスをコピー失敗 → 逆にkazukiが神山のダンスをコピーできるのか? → 失敗 → 有田のダンスならコピーできるだろ → 簡単だから全員できる → 全員で踊る

桐山 美味しそうに牛乳を早飲み

小瀧 神の舌

水200mlに微量混ぜた料理に使う「あるもの」を舌で当てる → 料理に詳しい福田が先にチャレンジ → 全然わからん → 小瀧挑戦 → 「白ワイン」正解 → CM挟む → 二問目挑戦 → 失敗

ここで終了の合図

上田「ということでジャニーズWESTの崖っぷちアピール終了!」

有田「今のヒドイ終わり方だったなぁ」

上田「皆さんお気付きかな?中間くんのアピールタイムなかったからね」

中間「そうなんですよ!」

観覧席から「え~」の声。

堀内「何やろうとしたの?」

上田「な、ちなみに何やろうとしたの?」

中間「ぼく台湾に住んでたことがあるので中国語を話せる…」

上田「それは…何回か聞いたことあるからいいわ」

中間「なんでやねん!」

アメノチハレPR~終了

上田「はい、最後にジャニーズWESTの皆さんからお知らせでーす」

濵田「はい、デビュー五周年を迎える」

小瀧「ぼくたちジャニーズWESTの」

藤井「NEWシングル、アメノチハレが」

重岡「来週4月24日水曜日に発売になります」

桐山「このがっきょ、くは毎日ひたむきに頑張って」←噛みました

神山「生きている人達の背中を押す応援歌です」

中間(中国語で)私たちの歌を聴いてください」

上田「日本語で言え!!」

一同、笑顔で画面切り替わり次のゲストへ。

スポンサーリンク
ジャス民
スポンサーリンク
面白かったらシェアしてください!
小野哲平をフォローしよう!
ぼくは毎日書いてます