まずはここをクリック!読んでほしい厳選10記事!

第3回南房総みちくさウルトラマラソン トムランドの軌跡

小野哲平をフォローしよう!
マラソン

こんにちは!小野哲平です!

ぼくが代表を務めるトムランドが定期的にスタッフとして、
参加しているみちくさウルトラマラソン

3月23日に第3回南房総ウルトラマラソンが開催されました!
ウルトラマラソンはフルマラソン(42.195km)を越えるマラソンの呼称です。
なので60kmも100kmでも
ウルトラマラソンと呼ばれます。

今回は千葉県勝浦市から南房総最南端にある野島崎灯台までを走る大会で、75km100km、二種類のコースがあります。

我々トムランドはみちくさマラソンのスタッフとして数多くの大会にスタッフとして参加しています。南房総は第1回から参加しているので、これで3回目の参戦でした!

今日はこの大会でのトムランドの様子について書きます!!

大会の雰囲気を知りたい方は、
公式で動画や写真が挙がるのでそちらをご覧ください!
みちくさマラニック走援隊

スポンサーリンク

前日 3月22日 何もかもが暖かかったあの日

大会前日は新宿に集合して高速バスで館山へ。

20190322_082021

早朝の出発でしたが、相変わらず新宿バスタは大賑わい。
人で溢れかえる中、無事にメンバーと合流。

トムランドメンバーは優秀なのでみんな15分以上前には、
集合場所にいます。

20190322_083054

その日はとても暖かい気候だったので、
暖かいねー嬉しいねーと口々に話していて、みんな軽装。

寒がりのぼくもどちらかというと、
動きやすさを重視して軽めの服装でした。

会話の中で

「明日寒くなるらしいっすよ」

と大ちゃん(大楽聡士)。

えーやだなー。
でも朝だけっしょ。

なんて笑いながらぼくらはバスに乗って館山を目指しました。

同じ時期の前回大会を経験しているので、
何も問題はないはずでした。
そう、何も…
ぼくたちはこの24時間後に生死を彷徨うことになります。

20190322_085827

バスの中でトムランドちゃんねるの動画編集をする大ちゃん。
みんな!チャンネル登録してね!

そして館山に到着!

20190322_105805

1553227637244

駅前のソフトクリームに群がりました。

1553227633682

元気だった頃の大楽

1553227625345

元気だった頃のぼく、園田。
ぼくたちはこの22時間後に生死を彷徨うことになります。

レンタカーに乗り込み、集合場所の勝浦へ!!

20190322_113603

元気だった頃の(以下省略)

車の中では園田さんが持ってきたお菓子を皆で奪い合ったり、
いつも通り話題が尽きず楽しいトムランドでした。

そして到着したのはホテル三日月!!!!

建物の前には大ちゃん(ゴリラ)がいます。20180323_115801

右が本物です。

1553227645949

全員で集合写真!!

少し休んですぐに前日受付です。
もうここからは体力勝負。

当日は朝5時スタートなので、
前日宿泊のランナーはこの日に受付をします。

ランナーは600名近くいるので、
次から次に仕事を片付けないといけません。

600名対応するとそれなりにイレギュラーなことも多いので、
基本的な仕事は時間を掛けずにサクサクと。

1553391239112

もう何年も手伝ってるので慣れてるメンバー。
笑ってますね。ははは。
ぼくたちはこの数時間後に生死を彷徨うことになります。

この日は20時くらいに仕事が終わり、
みんなでサッカーを見て早めに寝ました。

なんか夜はちょっと肌寒いなぁ…なんて思っていたのが、
良い思い出ですね、はい。

20190322_135801



当日 3月23日 極寒!三途の河でバタフライ!

20190322_171415

当日受付が3時からなのでスタッフは2時半に集合しました。

睡眠時間は3時間くらい。
毎度のことです。

そしてここから長い1日が始まります。

その日、起きたとき。
ぼくは思いました。
ん?寒くね?

メンバーも気付きました。
ん?寒くね?

さっそく調べてみる。
千葉県、最低気温5度。

終わった…

受付始まる前にホテルの外に出る。
寒い…耐えがたき寒さ。

前日差-10℃。

それでもぼくは思ってました。

日中は日がでるじゃろ。
それまでの辛抱じゃ。

受付を途中まで担当して、
ブルブル震えながら自分の最初の誘導場所に移動しました。

スタート前に移動したので5時前です。

ぼくが担当したのはランナーが通過するトンネル。

とても狭いトンネルで車も通るので、
危険が及ばないようにランナーを誘導します。

20190323_045921

ここを通過したランナーはずっと先にある場所を折り返して、
再びこの場所を通過します。

つまりぼくは2回ランナーを誘導しないといけません。

最終ランナーが通るまで、
時間にして2時間半、ぼくはこの場所に立っていました。

もう身体中冷え切って、
これ以上冷える場所がありません。

同じようにトムランドメンバーも、
他のスタッフも各地で震えていました。

次にぼくが担当したのは別の誘導場所
今度は吉木くんと一緒です。

20190323_092834

コースが分かりづらくなっているので、
ランナーが間違えないように「こっちですよー」と声を掛け続ける仕事です。

先頭ランナーから最終ランナーが通るまで、
10時から16時半までやりました。

ぼくの予想は外れて、
その日は1日極寒でした。

ぼくらは震えながら声を掛け続けました。

「寒い中ありがとう!!」と沢山のランナーが声を掛けてくれました。

Point Blur_20190324_123337

みんな瀕死でした。
全部気温のせいです。

誘導だけならそんなにツラくないんです。
毎回やってるので。

でも寒いのは本当にツラいです。
本当に意識飛ぶかと思いました。

途中豪雨になりました。
びしょ濡れになったぼくは思わず遠くにあるコンビニまで走って傘を買いました。

傘を買ったら雨は止みました。
でも寒さは健在でした。

カミサマ ハ イナイト オモイマシタ。

カミサマ ハ イナイト オモイマシタ。

カミサマ ハ イナイト オモイマシタ。

20190323_191551

各地最終ランナーが通過したあとはゴールに移動して、
働きました。

20190323_191600

とにかくすげー寒かったです。
今まで手伝ったマラソン大会でも1.2を争う厳しさでした。
でも参加したランナーが楽しんでくれたらぼくは満足です。

翌日 3月24日 みんなで帰ろう

その日は前日と別の場所に宿泊しました。
どうにか今年も終わったと。

軽くお酒を飲んでのんびり就寝です。

そして翌日。

朝目覚めると外は気持ち良い晴天でした。
気温も高い。

なぜ当日だけ

でもまぁ、無事に終わったので良かったです。

20190324_071853

20190324_071857

一晩ぐっすり寝て皆多少は回復!!

前日の地獄体験を語り合いながら帰路に着きました。

いや~
今思い出すだけでも身体が震えるほどの極寒でしたよ。

明日辺り熱出るんじゃないかな。笑

帰りは地元で有名と評判のパンを食しながら、
高速バスで新宿を目指しました。

1553385238103

かろうじて生きてるぼく。

極寒は二度と経験したくないけど、
マラソン大会自体は普段見れない景色が見れたり、
自分自身の発見も沢山あるので楽しいです。

何より100㎞走っちゃう人って単純に凄いです。
自分が出来ないことを出来るってだけで尊敬に値します。

そんなわけで寒さと戦った今回のマラソン大会でした。

スタッフ、ランナーの皆さん!
お疲れ様でした!!!

20190324_081558

またね~

IMG_20190324_090858
あっぱれな富士山!!!

スポンサーリンク
マラソン
スポンサーリンク
面白かったらシェアしてください!
小野哲平をフォローしよう!
ぼくは毎日書いてます