まずはここをクリック!読んでほしい厳選10記事!

Hey! Say! JUMP 台湾コンサート発表…あれ?海外はやるんだ。

小野哲平をフォローしよう!
社会ニュース

こんにちは、小野哲平です。

6月14日、ジャニーズの人気グループ「Hey! Say! JUMP」が今年10月に台湾でコンサートを開催することを発表しました。
・・・あれ?
・・・あれあれ??
先月、Hey! Say! JUMPはデビュー以来続けてきたアリーナ会場でのコンサート開催を今年度は見送ることを発表しています。
その理由はファンの公共交通機関での迷惑行為。
ぼくもその件について記事を書きました。
「Hey! Say! JUMP全国ツアー開催見送り」案件について思うこと
Hey! Say! JUMPがデビューからずっと続けてきたアリーナでのコンサート開催は今年は見送ることを発表したことを受けて思うことを書きました。

ところがどっこい、海外でのコンサートは開催するというのです。

おのぺー
おのぺー

これは荒れそうな予感が…

今日はこの件について書きます。

スポンサーリンク

ファン大荒れ

予想通り、ネット上では「ツアーやらずに台湾でライブとか、意味がわからない」と、批判的な反応が続出しています。

  • 日本はダメなのに、台湾は空港での出待ちもよくて、盗撮もいいのか?
  • 空港で出待ち、写真撮影はいいわ、ファンサするわ、日本と台湾の差がスゴすぎる。マナー守ってる日本のファンの気持ちも考えほしい
  • 日本でダメなことが台湾だったら許させるのか。今までマナー守ってきたJUMPファンに失礼では?
  • 国内ファンを差別してるの? こんなことを続けてたらファンが減る
  • アリーナツアー見送りはしょうがないって思ってたけど、台湾でやるのはやっぱり違う気がする
  • 台湾ライブは素直におめでとうって言えない。JUMPは日本のファンを捨てたの?
  • 台湾ライブのために日本のアリーナツアーをなくしたのかなって思っちゃう
おのぺー
おのぺー

ひぃ~

それに対して当然ながらHey! Say! JUMPを擁護する声も挙がっています。

  • なんでみんなそんなに怒ってるの? 台湾でコンサートできるってスゴいことじゃん
  • 日本には日本のルール、海外にはその国のルールがある、何でもかんでも批判すべきではない
  • アリーナツアー中止や、海外コンサートは事務所の方針。JUMPが批判されることではない

数日経った今でもTwitterで「Hey! Say! JUMP」と検索するとこういうつぶやきが山ほど出てきます。

台湾のファンマナーはいいの?

結局これに尽きると思います。

国内のコンサート中止の理由が「ファンの迷惑行為=ファンマナー」と明言している以上、台湾のファンマナーが国内よりも良いものでないと、開催する理由になりません。

とは言いつつもHey! Say! JUMPの台湾コンサートは2012年以来、7年ぶり二回目、昨今の日本のファン事情と比較するのは難しいかなと思います。

台湾のファンのツイートを発見したので貼っておきます。

怒りの矛先を考えて

言うまでもなく台湾のファンに怒りの言葉を浴びせるのは只の嫌がらせです。

あとHey! Say! JUMPそのものに怒りをぶつけるのもどうかな、と。

好きなモノが自分の望むべき形でなくなった途端に愛情が憎悪に変わるのが恐ろしいです。

当然そういう強い言葉で書き込みをするのは若いファンの方が多いと思うのですが、そういうファンの方に自分たちの活動を支えてもらっているという自覚を持つべきなのはアーティストたちなので、ここはしっかり説明をした方がよいのではないかとぼくは個人的には思います。

国内と違い、国を跨いでいるので数年前から決まっているのであれば海外公演はやらざるを得ない状況であることは誰でも理解できます。

しかしながら国内が中止になって海外が開催というのを無条件で喜ぶ日本のファンは少ないです。

みんながそれぞれ自分の中で正当化する理由を探して海外での開催を祝福しています。

その正当化する理由をそっと差し伸べてあげるのはアーティストや運営側の役割です。

おのぺー
おのぺー

好き勝手やるけど付いてきて!ってのは違うよ

矛先を間違えた怒りは良くないが、もう少し言葉があってもよいのでは
スポンサーリンク
社会ニュース
スポンサーリンク
面白かったらシェアしてください!
小野哲平をフォローしよう!
ぼくは毎日書いてます