まずはここをクリック!読んでほしい厳選10記事!

町田総合高校暴力事件から考える教育のあるべき形

小野哲平をフォローしよう!
社会ニュース

都立高校で男性教諭が男子生徒を暴行する事件が起きました。

今日はこれについて書きます。


事件の概要はこうです。

都立町田総合高校。
50代男性教諭が一年生男子生徒を殴る。
その様子を撮影した動画がTwitterに投稿され騒ぎに。

この動画、随分拡散されたのでご覧になった方も多いと思いますが、
思いっきり右ストレートが入ってます。

暴行を受けた生徒は口の中を切り、左頬を打撲する怪我をしました。

この動画が明るみになったとき、当初は
体罰教師としての報道が多くされました。

しかしその動画には暴力に至る前の映像があり、
そこには生徒が教師に暴言を吐く様子、そして撮影者の

「ツイッターで炎上させようぜ」

という声が入っていました。

まだ定かではありませんが、この暴力行為自体が、
動画を撮る為に誘発されたものである可能性が出てきたのです。

これが生徒側の悪巧みで起こった事件にせよ、
挑発に乗って暴力を振るうことは絶対にいけません

これがまず大前提。

しかしだからといって生徒だけが被害者なのかと言われたら、
そうとも言い切れません。

言葉の暴力はれっきとした暴力です。

生徒達の悪巧みかどうかは動画だけでは判断できないのでここでは断定しませんが、殴られた生徒が教師に暴言を浴びせていたのは事実です。

では、どうすれば良かったのか?

今回の事件はまず、
ここを考えなければいけないとぼくは思います。

そしてそれは現代教育の落とし穴に繋がります。

・時代が大きく変わっているのに教育の大きな変化を感じない

正直今は学校に行かなくても何でも学習できます。

スマホさえあれば学校じゃ教えてくれない専門分野も、
当人がその気になればいくらでも学ぶことができます。

学校でしか学べないものがない、のです。

コミュニケーション?
そんなもの学びましたか?

苦手な人間と上手くやるスキルなんて必要ですか?
というかそれ学校で学びます?

上記のことは集団に身を置いていれば勝手に身につきます。
わざわざ学校に限定して学ぶことじゃない。

これからの時代、
教育機関で最優先で教えなければいけないことは

ネットリテラシー

つまり情報ネットワークを正しく利用することができる能力です。

ネットリテラシー、聞いたことがありますか?

情報を取得したり普段会えないような人と交流する、
それがネットの正しい使い方です。

それに反した使い方をする人を総じて「ネットリテラシーが低い」と表現します。

・今回の事件で生徒側が知らなきゃいけなかったこと

あの先生ムカつくからハメようぜ!

挑発、挑発。

やった!殴った!これであいつも終わりだ!!

こういうシナリオを描いていたのかも知れません。
あくまで想像ですし真相は闇ですが。

これも当然ネットリテラシーが低いです。

でも問題はここで終わりません。

彼らは幼いゆえに
想像力が圧倒的に足りないのです。

ネットの世界は大変便利です。
何でも調べられて何でも拡散できます。

その拡散の魅力に惹かれて彼らは行動したのでしょう。
あくまで憶測ですが。

でも、その拡散が彼ら自身の身を滅ぼすのです。

恐ろしいことに、
もう既に被害者・撮影者の本名・顔写真がネットに拡散されています。

被害者生徒を退学させようと仲間を集めているアカウントもありました。

挑発された教師の為にやっている人もいれば、
それを晒してアクセス数を稼ごうとしてる人もいます。

そしてただ面白がって拡散する人も。

これが現代社会です。

そしてこの若者達はネットリテラシーはおろか、
想像力が圧倒的に足りませんでした。


スマホは賢い人を更に賢く、
バカを更にバカにするアイテムです。

そしてLINEやTwitter、魅力的なアプリがある以上、
若者は勉学そっちのけでスマホを使えるようになります。

それの恐ろしさを知る前に、です。

だからこそこれからの教育機関は勉学以前にネットリテラシーを第一に教えないといけないと思います。

そして当たり前ですが、教師も人であること
これに関しては各家庭の教育かな。

ぼくは個人的に学校教育は崩壊していくと考えています。
理由は単純で「誰も教師になりたくないから」。

リスクありすぎですし、
そもそも教育者にみんな夢持ちすぎ。
何かあると「教師なのに!」って騒ぎになる。

みんな同じ人間ですよ。
勝手に期待するのは違うと思います。

学校に通わせておけばある程度の人間になる、
というのは虚像です。

学習塾のように学校は勉学を教えるだけの機関になり、
それ以外のことは関わらないようになれば、
もう少し教師の成り手が増えるんじゃないかな。

教育のメインは家庭です。
あなたの子はあなたが責任持って育てましょう。


トムランドちゃんねる「今週の小野哲平」でも取り上げました。

スポンサーリンク
社会ニュース
スポンサーリンク
面白かったらシェアしてください!
小野哲平をフォローしよう!
ぼくは毎日書いてます