まずはここをクリック!読んでほしい厳選10記事!

節電するよりプランと会社を見直そう!「電気チョイス」で最適な電気代を!!

小野哲平をフォローしよう!
おのぺーお金持ち計画

こんにちは、小野哲平です。

魂を込めて書いたこの記事、よく読まれています。

小野哲平お金持ち計画。このゴミクズみたいな人生を三年で変えてやるよ
これまでずっと苦しみながら生きてきた管理人が人生をバラ色にすべく考えた今後の生き方について書きました。

掻い摘まんで説明すると全力でお金を稼いでみようという内容の記事なのですが、今日はその具体的行動について少し説明をします。

スポンサーリンク

お金持ちになる方法

これはネットで調べても本屋で探してもだいたい答えは同じです。

意識するのは二点だけ。

労働収入の最大化生活固定費の最小化です。

とりあえずはひたすらこれを意識すれば理論的にはお金は増えるはずです。

おのぺー
おのぺー

単純にプラスを大きくしてマイナスを減らせば増えてくよね

ののみー
ののみー

計算上は間違いないですね

お金持ちになる為に必要な意識ラインは二つだけ。
労働収入の最大化
生活固定費の最小化

労働収入の最大化は結構皆さん考えるのですが、生活固定費の最小化についてはわりと見落としがちです。

なので今回は生活固定費の最小化について掘り下げます。

生活固定費の最小化

生活する上で必要不可欠な部分に掛かる金額を下げていこうということです。

ざっくり書くとこんなもんでしょうか。

家賃・光熱費・食費・スマホ代など。女性はメイク代も掛かりますね。

正確には食費やメイク代は変動費になるみたいですが、本記事では生活に必要なお金としてまとめてます。

ぼくの場合は元々家賃は安いです。これは引っ越すときに奇跡的に空いてたマンションがあって、めっちゃ安いのにそこそこ綺麗で謎にオートロック付いてます。

なので家賃はそのままでOK。

スマホはドコモを使っていてネット回線(ドコモ光で月4000円)と合わせて月々12000円くらい払ってましたが、格安SIMのLINEモバイルに変えることでめっちゃ安くできました。

ぜんっぜん問題ない!17年使ったドコモからLINEモバイルに変えたら想像以上に快適だった話!
17年使ったドコモから格安SIMに変えたけど何も問題ないし快適です。

まだ端末の分割代金を支払ってますが、それが終わった来年以降は(機種変しなければ)月々2000円くらいまで落とせるので年間で5~6万のプラスせるかなって感じです。

で、意外だったのが光熱費。

ぼく基本的に夜しか家にいないし部屋も小さいので、もともと男性一人暮らしの平均的な額よりは低かったんですね

おのぺー
おのぺー

季節で変動あるけどね

ののみー
ののみー

我々寒がりなんで冬は高くなりますね

でも今色々電気やガスのCMやってるじゃないですか。

それでちょっと気になって調べてみたんです。

プランを変えて大幅節約

結果的にぼくは東京電力のプランを変えました。

夜しか家にいないので、夜間の電気使用料金が安くなる夜トクプラン

更に東京電力のTEPCOで電気とガスをまとめています。

まだ一ヵ月ちょいなので一回しか支払いしてませんが、

電気代は500円ほど安くなりました

おのぺー
おのぺー

年間6千円節約ペースだぜ!

こまめな節電を心掛けるのも大切ですが、プランそのものを見直しすことはもっと大事だなって思いました。

知らないとドンドン損をする世の中です。

電気料金比較ナビ【電気チョイス】

そりゃ安くなるならしたいけど自分に合ったプランが分からない…

という方にこんなサービスがあります。

その名も電気料金比較ナビ「電気チョイス」

自分の電気利用状況に合った最適の電気会社やプランを専門スタッフが提案してくれるサービスです。

利用の流れはこんな感じ。

サイトから氏名や電話番号などをフォームに入力して送信。
後日、担当者から連絡があって相談

ぶっちゃけこういうのって怪しさ満点じゃないですか?

ぼくもそう思って手を出してませんでした。

でも皆が警戒しているうちにこういうことをパッパと決断できる人がドンドン得をするんだな~と今は分かります。

固定費の削減は早く始めるほどお得です。

少しでも固定費を下げたい人は相談する価値はあるかと思います~

最終的に乗り気にならなかったら断ればいいだけですし。デメリットがある場合は教えてくれてますよ。

電気チョイスで電気代を見直してみる