まずはここをクリック!読んでほしい厳選10記事!

白石和彌監督「孤狼の血」「日本で一番悪い奴ら」を比較!!どっちが見やすい映画なの??(ネタバレ有り)

小野哲平をフォローしよう!
映画紹介

こんにちは、小野哲平です。

今日は映画について書きます。

シリアスかつアウトローな作品を撮ることで知られる白石和彌監督の「孤狼の血」「日本で一番悪い奴ら」

共に警察と暴力団が登場し、大胆な暴力描写がある社会派映画ですが、

監督も同じなら出演者もかなり被っています。

世間のイメージ的には「孤狼の血」が重厚的な作品で、「日本で一番悪い奴ら」はちょっと軽めでしょうか。

でも、案外そうでもないんですよ。

今回たまたまこの両作品を連続して観る機会があったので、

この二作品の違いやどちらが見やすかったかに重点を置いて書いていきます。

スポンサーリンク

孤狼の血

“血沸き肉躍る、男たち渇望の映画”が誕生した。昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島の架空都市・呉原を舞台に、刑事、やくざ、そして女が、それぞれの正義と矜持を胸に、生き残りを賭けて戦う生き様を描いた映画『孤狼の血』。
『警察小説×仁義なき戦い』と評される同名原作を映画化した本作は、昨今コンプライアンスを過度に重視する日本の映像業界と現代社会に対する新たなる挑戦であり、数々の【衝撃作】を世に送り出してきた東映が放つ【超衝撃作】である。

引用:Amazon内容紹介欄

「孤狼の血」は2018年に上映された東映のヤクザ映画です。出演は役所広司、松坂桃李、真木よう子など。

上映開始と同時に話題になり作品としても個人としても数々の映画賞を受賞しました。

原作は柚月裕子さんの警察小説シリーズで全三作。「孤狼の血」に続いて「凶犬の眼」「暴虎の牙」があります。

本作はその第一作の映画化で、その二年後を描いた「凶犬の眼」も既に映画化されることが発表されています。

あらすじ

昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島・呉原―。そこは、未だ暴力団組織が割拠し、新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の「加古村組」と地場の暴力団「尾谷組」との抗争の火種が燻り始めていた。そんな中、「加古村組」関連企業の金融会社社員が失踪する。失踪を殺人事件と見たマル暴のベテラン刑事・大上と新人刑事・日岡は事件解決の為に奔走するが、やくざの抗争が正義も愛も金も、すべてを呑み込んでいく……。警察組織の目論み、大上自身に向けられた黒い疑惑、様々な欲望をむき出しにして、暴力団と警察を巻き込んだ血で血を洗う報復合戦が起ころうとしていた……。

引用:Amazon内容紹介欄

日本で一番悪い奴ら

「日本で一番悪い奴ら」は2016年に公開された映画です。こちらの主演は綾野剛。

原作は稲葉圭昭による『恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白』。実際に起きた稲葉事件をモチーフに、現役警察官による覚せい剤取引や拳銃売買、そして背景にある警察の組織的な裏金作りや不祥事、それに翻弄され没落していく道警刑事を深く描いた映画です。

あらすじ

大学時代に馴らした柔道。その腕っ節の強さを買われ、北海道警・刑事となった諸星要一。
強い正義感を持ちながらも、うだつの上がらない日々を過ごしていた。ある日、署内随一の敏腕刑事・村井から刑事の“イロハ”を叩き込まれる。
それは「刑事は点数。点数稼ぐには裏社会に飛び込み、S(スパイ)をつくれ」というものであった。
言われるがままに“S”を率い、「正義の味方、悪を絶つ」の信念の元、規格外のヤバすぎる捜査をまっとうしていく諸星だが…。

引用:Amazon内容紹介

主人公は両方とも警察!!

共に警察と暴力団の癒着や駆け引きを描いた作品ですが、主人公は両作品とも警察です。

「孤狼の血」の役所広司と松坂桃李は広島の刑事、

「日本で一番悪い奴ら」の綾野剛は北海道の刑事です。

どちらの作品も何も知らない刑事が裏の世界(違法捜査)を知っていくという導入で物語が始まります。

「孤狼の血」は汚職刑事である役所広司と行動を共にすることで松坂桃李が葛藤していき、

「日本で一番悪い奴ら」はピエール瀧が主人公である綾野剛に丁寧に裏社会を教えます。

ピエール瀧は「孤狼の血」でも暴力団で登場します。個人的には「孤狼の血」の役どころが好き。

ヤクザ映画はストーリーが分かりづらい!!

ヤクザ映画が敬遠される理由って当然暴力描写がキツいのもありますが、

そもそもストーリーが分かりづらいってことがあると思います。

○○組だとかカタギとかシノギとか、傘下とか杯とか兄弟分とか、専門用語が多すぎ!!

どっかのレビューに孤狼の血は専門知識がなくても大丈夫!的なことが書いてありましたが、

ぶっちゃけ入りづらいです。

最初にナレーション(二又一成さん)で現在の抗争状況を教えてくれるのですが、

たぶん予備知識なしではすんなり理解できないです。

ヤクザ映画で混乱するポイントは○○組とか○○会の傘下に▲▲組が幾つかあること。

そして、それに敵対する■■組が登場すると、

もう場面が変わる度に「ん?こいつはどこの組のもんじゃい?」となって頭が混乱してしまいます。

ぼくは「孤狼の血」「日本で一番悪い奴ら」も予備知識なし(なんとなくのストーリーのみ)で観ましたが、

「日本で一番悪い奴ら」の方が圧倒的にストーリーに入りやすかったです。

どちらも予備知識なしで楽しめるが、孤狼の血は相関図を見ておいた方が理解が早い。

孤狼の血はミステリー小説!

そもそもの話をすると「孤狼の血」の原作は「このミステリーがすごい!」2016年版国内編第3位に選ばれる小説です。

なのでそれを映画化した本作にもミステリーの要素が入っています。

登場人物の思惑が複数方向に飛び交っていて、映画を見続けなければその謎は解明できません。

だからこそ、謎の手前の「え?こいつ誰だっけ?」で思考が止まることは勿体ないです。

事前に人物相関図を見ておくことを強くオススメします。

おのぺー
おのぺー

まだ公式HPで相関図見れます!

→ 孤狼の血 人物相関図(公式HP)

それぞれの思惑や証言・行動の意図を推理しながら観ることはとても楽しいですよ!!

孤狼の血はヤクザ映画でありながらミステリーの要素も兼ね備えている。

日本で一番悪い奴らは青春映画!!

冒頭でも書きましたが「孤狼の血」は重厚感漂う濃厚なヤクザ映画です。

それに比べて「日本で一番悪い奴ら」は意外なことに青春映画の側面があります。

途中から綾野剛・中村獅童・YOUNG DAIS ・植野行雄(デニス)がチームを組んで四人で行動する描写があるのですが、それが結構青春映画っぽい(笑)。

お酒を飲んだりボーリングしたりで普通に楽しそうです。

孤狼の血は全編に置いて気の休まる部分がない映画ですが、

日本で一番悪い奴らは所々に頬が緩まるシーンがあります。

両作品の違い

両作品とも見応えがありますが、「孤狼の血」の方がより深く濃厚な映画を観た、という気分になります。

しかしその一方で少しでも集中が途切れると物語に振り払われてしまいます。

「日本で一番悪い奴ら」も濃厚な作品ではありますが、「孤狼の血」よりは物語に溶け込みやすいです。

特に中盤の青春シーンは気を張らずとも見れるので、映画を観て疲れるということはありません。

孤狼の血 … 超骨太作品。隙がなく気の休まる部分がない。ミステリー要素もあるので頭も使う。出演者にも穴がない。冒頭からエグい。
日本で一番悪い奴ら … やや軽いシーンもある。しかし描いているのは現実に起きたこと。見やすい。実録娯楽作品。ウシジマくん好きなら好き。

迷ったら日本で一番悪い奴らがオススメ!!

では、どちらを観るべきか。

ぼくの結論は迷ったら日本で一番悪い奴らを観るべきです。

理由は簡単で大きくハズレはないから。

孤狼の血は冒頭からエグいです。

これからこんな感じの映像が続きますよー無理ならやめといてくださいねー

っていうメッセージがめっちゃ伝わってきます。

人によってはその時点で結構なトラウマになるかもです。

ストーリーも日本で一番悪い奴らの方が分かりやすいです。

今、作中で何が起きてるのかが分からないのは相当なストレスなので、

そういう部分でもこちらをぼくはオススメします。

迷ったら日本で一番悪い奴らを観るべき!

その次は孤狼の血を観よう!

日本で一番悪い奴らを楽しめたらその次は孤狼の血を見てください!

重厚さが桁違いなので孤狼日本だと娯楽感が増してしまいます。

その娯楽感はとても勿体ないです。

孤狼の血刑事と暴力団の戦いを描いた映画なら、日本で一番悪い奴ら実際に起きていた汚職について描かれた作品です。

観た後で考えさせられるのは日本で一番悪い奴らです。

実際に映画も観客が上映後にその事件について考えてしまうような終わり方になっています。

だからこそ孤狼の血で迫力慣れした状態で観るのは勿体ないです。

ぼくがオススメするのはそのまま公開順に観る方法です。

日本で一番悪い奴らを観たあとに孤狼の血

それが両作品を一番楽しめる順番です!!

おのぺー
おのぺー

Amazonプライムで見れるよ!

U-NEXTで見れます!31日間無料体験!

孤狼の血、日本で一番悪い奴ら共に動画配信サービスのU-NEXT
で見ることができます!

月額1990円(税抜)で14万本の映像作品が見放題です!

おのぺー
おのぺー

しかも31日間は無料で体験できる!

どんな作品が配信されているか事前にサイトで確認できるので、これは!と思う映画やドラマがあれば是非ともご利用ください!


 

スポンサーリンク
映画紹介
スポンサーリンク
面白かったらシェアしてください!
小野哲平をフォローしよう!
ぼくは毎日書いてます