おのぺーって誰!?こちらをどうぞ!

小劇場は自己満足ですか?はい、そうです。

小野哲平をフォローしよう!
思考

こんにちは、小野哲平です!!

最近このブログに「小劇場 自己満足」という検索ワードでやってくる方がチラホラいます。

そんなタイトルで記事を書いた覚えはないので過去に小劇場のチケットノルマについて書いた記事が検索で引っかかってるのかなーとやんわり思ってました。

おのぺー
おのぺー

わりと拡散されたのよねー

チケットノルマって何!?出演したのにお金をとられる小劇場の謎を説明するよ!
小劇場の常識「チケットノルマ」。その不思議なシステムについて詳しく書きました。これを読めば小劇場役者の生活が分かります。

そしたら違うみたいです。自分で検索してみました。

おのぺー
おのぺー

1ページ目には出てこない…

続いて2ページ目。

おのぺー
おのぺー

いやお前かよ!!

てなわけで検索で読まれてたのはこの記事でした。

地下アイドルと小劇場役者のどうしようもない金銭事情
地下アイドルと小劇場役者について書きました。

でもせっかく「小劇場 自己満足」で検索されてるので今日はこの件について深掘りします。

小劇場は自己満足ですか?

はい、そうです。

小劇場は自己満足です。

断言すると「そんなことないよー!」という反論の声が聞こえてきそうなのですが、

ひとつ考えてみてください。

ぼくのブログには「小劇場 自己満足」で辿り着いた方が多くいます。

「小劇場 自己満足」で検索した方がいるってことは「小劇場は自己満足なのではないか」と考える人が存在してるということですよね?

結論から言いましょう。

自己満足だと思われたらその時点で自己満足です。

演者や作家、関係者の気持ちは関係ありません。

足を運んでお金を払った人がそう思うならそれが真実です。

自己満足かどうかは観客が決めること。つまり一色ではない(感想は十人十色)。
ここで完結しても良いのですがせっかくなのでもうちょい深掘りしましょう。

自分たちがやりたいから始めたはず

そもそも小劇場で舞台作ってる劇団って誰かに頼まれて作ってるんですか?

勿論色んな形がありますよ。ありますけど、どんな有名な劇団だって最初は

自分たちがやりたいから始めたはずです。

自分たちが面白いと思うモノを作ろうと思って始めてる。

やればやるだけ赤字になる世界に自分の満足を度外視して飛び込む人はいません。

つまり大きな自己満足を目標に掲げてこの魑魅魍魎の世界に飛び込んできてるわけです。

自己満足で何が悪い!!

みんな最初はそこがスタートです。

自己満足を求めないで極貧になる世界に飛び込むヤツはクレイジーすぎる

自己満足を他者満足へ

ぼくが思うに、全てのエンターティメントの始まりは自己満足です。

例外はありません。

俺はこれが面白いと思う!という個人や団体の強い気持ちが月日と共に拡散されて、

第三者のこれが見たい!」という気持ちを生み出していきます。

誰かが思う「面白い」がみんなが見たい「面白い」に変わっていく。

でも一番最初のこれは誰かに強要されて始めたものじゃないですよね?

つまり最初の最初は自己満足

自己満足を追求した結果、自己満足が他者満足になって、作り手側も観客側も満足する理想の空間になるのです。

つまり小劇場は自己満足である

なので最終的に目指す形は他者満足です。

それを達成しない限り客数は増えないので動員数での成功はありません。

ですが、最初から他者満足を目指し過ぎるのはどうかと思います。

ののみー
ののみー

え…どうしてですか?

おのぺー
おのぺー

だって恩着せがましいじゃん

ののみー
ののみー

あ、(察し)

知り合いだらけの観客とは言え、馬鹿ではありません。

それっぽい話をそれっぽく見せられてもそこに感動は生まれません。

何度も言うようにわざわざ生活を棒に振って小劇場に飛び込むなら、圧倒的な自己満足から他者満足を目指さないといけないとぼくは考えます。

貴方の(自己)満足が誰かの(他者)満足になるように。

つまり小劇場は自己満足です。

最終的に他者満足になるがスタートは自己満足。よって小劇場は自己満足。

何故悪く捉えられるのか

と、綺麗にまとめてみましたが、おそらく「小劇場 自己満足」で調べてる方は、

小劇場に良い印象を持っていない方だと思います。

なのでもう一度「小劇場 自己満足」と検索して関連する検索ワードを調べてみました。

  • 小劇場 身内
  • 小劇団 つまらない
  • 小劇場 マナー
  • 小劇場 内輪受け
  • 小劇場 面白くない
  • 演劇 嫌い 理由
おのぺー
おのぺー

悲しすぎるわ!!!

とむら
とむら

悪口ばかりだー!!!!

まぁ、気持ちはめっっっちゃ分かります。

だって超つまらないですもん。

特に別記事にも記載したチケットノルマを使ってお金を稼ぎたいだけの舞台なんてゲロクソつまらないです。

チケットノルマを使って爆速でお金を稼ぐ方法を教えるよ!!
小劇場の常識チケットノルマ。そのチケットノルマを与える側が二倍三倍にお金を搾取できる方法を説明します。若者の夢は甘い蜜です。

素晴らしい劇団も沢山あります

ただかつて小劇場に出ていた人間としてこれだけは強く言っておきたいです。

面白い劇団は人生観変わるくらい面白いです!!

その劇団がチケットノルマだろうが何だろうが関係ありません。

観客からすれば面白いモノは正義なんです。

今もそういう劇団は沢山あります。

ただ一般の方にとって小劇場に行くという行動理由の1発目がどうしても「知り合いに誘われて」になりがちなのは事実としてあります。

なので友人に誘われて最初に見た小劇場がとんでもない駄作だと思わず「小劇場 自己満足」で検索しちゃうのかもしれません。

おのぺー
おのぺー

出会いが大切なのは歌舞伎に似てるかも

歌舞伎を見ない理由はお金だけじゃない!大切なのは歌舞伎との出会い方!
歌舞伎が近くにある人とそうじゃない人、その二つを隔てたモノは間違いなく歌舞伎との出会い方です。歌舞伎を生涯の友にする為に歌舞伎と正しく出会いましょう。

「観劇三昧」!PC・スマホで演劇見れます!

舞台は高い買い物です。

時間使って交通費使ってチケット代使って、下手すりゃ差し入れ買って。

一度足を運ぶだけで結構な出費です。

それでいてはじめましての団体は面白いのかどうかも分からない。

めっちゃお金使ってつまらない、なんてことも少なくないです。

おのぺー
おのぺー

だから行かなくなりました…

ののみー
ののみー

ギャンブル要素強いんですよね

そこで紹介するのが演劇動画配信サービス「観劇三昧」です。

このサービスに登録(無料と有料アリ)すると1239本の舞台作品が映像で楽しめます!!

有名劇団も参加してるし、無料登録で見ることのできる作品も沢山あるので、

得体の知れない舞台に足を運ぶよりはこのサービスで色々確認すべきです!!

おのぺー
おのぺー

小劇場の雰囲気もわかります!

思考
面白かったらシェアしてください!
小野哲平をフォローしよう!
ぼくは毎日書いてます