まずはここをクリック!読んでほしい厳選10記事!

チケットノルマって何!?出演したのにお金をとられる小劇場の謎を説明するよ!

小野哲平をフォローしよう!
紹介

こんにちは、小野哲平です。

皆さんは演劇界における「チケットノルマ」という言葉を聞いたことがありますか?

ぼくのブログを読んでくれる人は演劇関係者もいるので知ってる人も多いと思います。

既に知ってる方はその不思議なシステムを今まで疑問に思ったことありませんか?

今回は「チケットノルマとは何じゃろな?」という方に向けてイチから丁寧にこのシステムについて説明します。

おのぺー
おのぺー

これさえ読めば理解できます!

スポンサーリンク

チケットノルマとは

チケットノルマというのはその名通り「売らなきゃいけないチケット」の呼称です。

小劇場の役者はよく出演条件に「チケットノルマ◯◯枚」と書かれています。

この◯◯枚出演するにあたり売らなきゃならない枚数。

なのでチケットノルマ30枚だった場合、売らなきゃいけないチケットは30枚。

出演条件にその枚数が指定してある場合は「出演するならその枚数は売ってね」という意味です。

チケットノルマは課せられた側が売らなきゃいけないチケットのこと

売れなかったらどうなるの?

ズバリ、買い取りです。

その枚数分の金額を興行主に入金しなければいけません。

例えばチケット代金が1枚3,000円の舞台だとします。

30枚がノルマだとしたら金額は90,000円(3,000×30)。

貴方をそのお金を必ず団体に納めなければいけません。

10枚(30,000円)売れたら20枚分の60,000円は自腹。

20枚(60,000円)売れたら10枚分の30,000円は自腹。

これが出演したのにお金を納めなきゃいけないチケットノルマというシステムです。

おのぺー
おのぺー

なんてシステムだ!

チケットノルマは1枚分の値段×枚数の合計額を必ず納めないといけない
席種や前売り・当日によってチケットの値段が違う場合、枚数ではなく合計金額でのノルマもあります。

何でこんなシステムがあるの?

それは興行主が赤字にならないためです。

仮に300人のお客さんが来ないと赤字になる舞台なら、出演者10人に30枚ずつチケットノルマを与えれば、どんなにお客さんが少なくても300人分のお金は手に入れることができます

役者がお金を入れてくれるので極論お客さんがゼロでも大丈夫です。

興行としては赤字になりません。

出演者よりもその母体を守る為にチケットノルマは存在するのです。

実際はプラマイ0よりも高めにノルマを設定してどんな状況でも利益がでるように設定する団体もあります。

他には演者にチケットを売らせる努力をさせるため。

チケットノルマがあれば皆必死でチケットを売るだろうと考えて設けられてるケースもあります。

おのぺー
おのぺー

まぁブラック企業と同じだね

誰も文句言わないの?

これが不思議なんですけど、基本的に誰も文句言わないんですよね。

その理由は、これが普通だから。

このシステムがあまりにも当たり前になりすぎていて、

チケットノルマがあるのが普通という状態になっています。

本当に普通に存在してる。「ノルマは○枚でーす」「はーい」レベル。

でも皆が皆お客さんを呼べるわけじゃありません。

地方から上京してきたばかりで友達が少ない人もいますし、

そもそもチケットを売るのが苦手な人もいます。

そういう役者はどうするのか?

さきほど学びましたね。払うんです。

チケットノルマ代を自腹で用意します。

つまりチケットノルマが普通に存在してるということは、

ノルマ枚数に達さない役者がノルマ代を支払うことが普通になっているんです。

ノルマに達さなかった役者が数万円を自腹で払うのも普通。よくある。
これの意味分かりますか?

要するに役者が自分でお金払って舞台やってるってことです。

もはや仕事なのか何なのか分かりませんよね。

おのぺー
おのぺー

役者という体験を買ったとしか…

100歩譲って自分の団体なら分かります。

自分の劇団を大きくする為に、劇団員が身銭を切って頑張るのはまだ理解できます。

でも、そうじゃない場合がほとんどです。

  • オーディションで合格して出演→ノルマ○○枚。
  • 出演オファーがあっての出演→ノルマ○○枚。

これを言い換えると、

劇団(興行主)のお客さんは観客じゃなくて出演者ということです。

出演者がチケットノルマ付きの条件を飲んでくれればその時点で興行成立です。

本当の客は出演者

もし知らなかったら…(本当にあった怖い話)

このチケットノルマ。

当たり前に小劇場界に存在してますが、役者自体初めての人には未知の世界です。

過去にこんな話がありました。一連のツイートです。

一人暮らしだけでもしんどいのに加えて一気に借金です。

しかもその舞台、出演決まって稽古してる途中でノルマ発表されたんです。

おのぺー
おのぺー

完全に違法!!

その後、その子は夢破れて実家に帰っていきました…

知らないとは本当に恐ろしいものです。

出演料はないの?

ここまで読んで「あれ?このままじゃ出演料ないよね?」と思った方。

ここからが出演料の話です。

ここで新しく登場する言葉がチケットバックというワード。

チケットバックとはチケットを売った枚数に応じて謝礼をお支払いしますよ、というシステムです。

おのぺー
おのぺー

歩合だね

チケットバックは歩合。1枚売れるごとに報酬として支払われる。

チケットノルマが出演条件にあれば必ずチケットバックの説明があります。

そのチケットバックの内容は出演する団体によってまちまちですが、

よくあるのはチケットノルマを越えた分から1枚◯◯円バック。

チケットノルマが30枚なら31枚目からバック開始です。

でもぶっちゃけ期待しない方がいいです。

仮にバックが500円だとしても50枚売って10,000円。

1000円でも20,000円です。

ちなみにチケットバック1枚1000円だったら高い方です。

おのぺー
おのぺー

高い方で50枚売って20000円…

何度でも言います。期待しない方がいいです。

そもそもチケットノルマを設けている時点で、

この舞台に出演=赤字です。

稽古期間も忘れないで

舞台の稽古はだいたい一ヶ月です。

一ヶ月の交通費、拘束時間。そして本番。

すべて合わせての報酬が上記の額と考えてください。

出演料などほぼ皆無である

チケットノルマは悪いことなの?

と、ここまでチケットノルマというシステムを説明しました。

読めば読むほど役者の大変さ、もしくは異常さが伝わるかと思います。

ではチケットノルマは悪なのか?

結論から書くと、ぼくはそうは思いません。

ぼく個人的にはこのシステムは大嫌いですし、このシステムが起用されている舞台には一生出ることはないですが、このシステム自体は悪だとは思いません。

赤字を出さない為に保険を掛けるのはビジネスとして正しいと考えています。

それによって役者個人の生活が困窮しようがそんなの知ったこっちゃない、という考えはある意味潔いです。

ビジネスとしては正しい。ただ一人一人まで救えない。

問題は双方が納得しているかどうか

問題は出演条件が事前に提示されて、それを出演者が快諾しているのかどうか、

それに尽きると思います。

あり得ないレベルのノルマを押しつけられても嫌なら出なければいいだけです。

ただ事実としてほとんどの小劇場はチケットノルマシステムを導入してます。

出れば必ず赤字になる(一人で1000人くらい呼べば話は別)のを承知の上で出演するならご自由に、ということです。

それでも出演する価値がある作品と自分が判断するなら出演すればよいと思います。

事前に必ず条件を確認しよう。嫌なら出ない。出たいなら出る。

まとめ

それでは今日のまとめです。

チケットノルマ … 課せられた側が売らなきゃいけないチケット
チケットバック … チケットを売った枚数に応じて払われる報酬
チケットノルマは悪ではないが確実に(出演者が)赤字になる。
出演するかどうかは条件と懐事情で考えよう。
当たり前のようにチケットノルマがある舞台に出続けると、多少のノルマあっても出てくれる人思われるので注意です!!

おまけ ~トムランドの場合~

参考までにぼくが主催しているトムランドの舞台についても触れておきます。

そもそもトムランドって何なのよ?その疑問にお答えします。
ぼくが代表を務めているトムランドとは一体何なのか。 その説明。

トムランドではチケットノルマは採用してません。

未来永劫採用しません。

理由は簡単。

皆で作る舞台なんだから皆で客を呼ぼうという共通意識でやってるからです。

チケットノルマを採用すると、自分が売った枚数だけを気にして、

団体としての勝負がいつの間にか個人の勝負にすり替わることがあります。

そうではなくて、一人でもチケット予約が入ったらそれが誰のお客さんであれ皆で喜ぶ。

トムランドはそうして作ってます。

なので役者への出演料はチケット枚数に関係なく支払ってます。

あとぼくが強く思っているのは、客席を埋めるのは代表の責任。

ぼくがやりたい世界観を、皆の協力の下でやらせてもらっているのだから、

だったら客席はぼくが埋めますよ、というスタンスです。

今のところそれで問題が浮上してないので、今後もそうします。

トムランド公演の客席は代表が埋める
スポンサーリンク
紹介
スポンサーリンク
面白かったらシェアしてください!
小野哲平をフォローしよう!
ぼくは毎日書いてます