自分を守れ
こんにちは、小野哲平です。

先日のこのツイートに多くの反響がありました。

これだけ世の中に人が多かったら、
色んなタイプがいるのは当然です。

その中にはどう考えても自分とは合わない人、
簡単に言うと嫌な人が登場してきます。

今日はそういう場合の考え方について書きます。


まずは良いところを探してみる

無条件で嫌な人もいますが、まずは基本的思考として、
その人の良いところを探してみることが大切です。

さすがにこれは基本中の基本。

というかわざわざ探すのもおかしい話なので、
いつもより注意深く見てみる
くらいにするだけでも結構変わったりします。

その人のどの部分が嫌なのかをしっかり言語化できるのが、
ぼくは一番良いかなと思いますね。

なんでわざわざ良いところを探すなんてことをするのか。

もう超単純に自分を嫌いにならない為です。

いきなり嫌いになったら、
え、自分の方が嫌なヤツじゃん、
みたいな思考に陥る場合があるので、
一応良いところ探す努力はしました!
と、自分を納得させるポイントがあれば良いです。

ぶっちゃけ建前です。

実際は良いところ探さなきゃと思った時点で、
その人とは合わないです、はい。

でも良いところが見つかって、
嫌いにならずに済むならそれに越したことはありません。

根本的な考えとして
嫌いな人間は少ない方がラクです。

楽しいとかそういうことじゃなくてラクです。
わざわざ苦難を選ぶ必要は皆無ですよ。

好かれようとするな

これも結構大事なんですけど、
人ってすぐに好かれようとするんですよね。

本当は嫌いなのに、
好かれていた方が色々ラクだから。

ぼくもそうです。
権力者に好かれたい人生でした。笑

でもそういうのも別にいいかなって、
この頃は思ってます。

飾った自分を好いてもらっても、
結局自分が疲れるだけです。

それよりも自分を保つ方が何百倍も大切です。

好きでもない人に好かれようと努力して、
効果無かったら空しくないですか?


自分の評価を他人に委ねると生きるのツラくなりますよ。
【関連記事】依存、ダメ、絶対


直感は当たるの?

「女の勘はよく当たる」って言葉、聞いたことありません?

あれは本当らしいです。
ぼくは男性なのでその感覚が分からないのですが…。

諸説によると、女性は男性よりも肉体的に劣っているので、
その分防衛本能が優れているとの見解があります。

要するに、直感で
この人とは関わらない方がいい
と判断する能力に長けているそうです。

ちなみにぼくの直感はだいたい外れます。笑

初対面で「嫌いかも…」と思った人と仲良くなったり、
今日は絶対これ買った方がいい!と思って失敗するタイプです。

自分の直感に自信のある方は、
それは本能が自分に投げ掛けているメッセージなので、
素直に受け取るべきですよ!

距離を置け

ここで最初の結論に戻るわけですけど、
合わない人に出会った場合、最高の選択肢は
「距離を置く」です。

これに勝る攻略法はありません。
断言します。

もしその相手を懲らしめたいとか支配したいと思っていたらそれは邪念であって不必要な感情です。

私は関わりません。
どうぞどうぞ好きに生きて下さい。

これに尽きます。



物理的に距離を保てない人は心の距離を置きましょう。

でも冷たく接するのは違いますよ。
あくまでも心の距離を置くんです。

どうぞどうぞ好きに生きて下さい
と渾身のスマイルをぶつけましょう。

だって自分と関係ないんだから。

自分の人生をハッピーに

総じてぼくの結論としては、

自分の人生くらい自分で面白くしなきゃダメだ

ということです。


時間が経てば王子様が現れて幸せにしてくれる
というのは迷信中の迷信で、
全力で王子様(幸せ)を掴みにいかないといけない時代です。

そんなときに自分と合わない人のことなんかに、
考える時間使えますか?

勿体なくないですか?

人生は有限であって、
与えられた時間をどう使ったのかの結果が人生です。

なので「時間の無駄」「人生の無駄」です。

その概念をはっきり持って、
日々の生活をしましょう。

貴方の人生の主役は家族でも恋人でもない、
貴方自身ですよ。


全力でハッピー掴みましょう。

【合わせて読みたい】

小野哲平作品、販売中。
小野哲平プレゼンツ!意外に知られてない秀逸な映画たち
元満喫店員・小野哲平がオススメする漫画!

【Youtubeもやってるよ!】
トムランドちゃんねる