厳選!まず読んでほしい10記事

【消えゆく2時間ドラマ】TBS「月曜名作劇場」放送終了。そしてぼくも終了。

小野哲平をフォローしよう!
社会ニュース

こんにちは、小野哲平です!!

先日発表になったこのニュース。

TBS「月曜名作劇場」放送終了。

TBSの2時間ドラマ枠「月曜名作劇場」が、
3月で放送を終了するというのです。

今日はこのことについて書きます。

最後の砦

月曜名作劇場はレギュラー放送されている最後の2時間ドラマ枠

つまりこの番組が終わることで、
キー局全てから2時間ドラマのレギュラー放送が消滅しました。

TBSの2時間ドラマ枠は、82年4月10日にスタート。「ザ・サスペンス」「月曜ミステリー劇場」「月曜ゴールデン」とタイトルを変えながら放送してきた。その間、17年3月に亡くなった渡瀬恒彦さん(享年72)から内藤剛志(63)にバトンタッチした「十津川警部シリーズ」、小林稔侍(77)の「税務調査官・窓際太郎の事件簿」、平岡祐太(34)が主演をつとめる「浅見光彦シリーズ」など多数の人気シリーズが誕生していた。

かつての栄光

かつて民放の2時間ドラマはその局の看板番組でした。

日本テレビ「火曜サスペンス」

テレビ朝日「土曜ワイド劇場」

テレビ東京「水曜ミステリー9」

フジテレビ「金曜エンタテインメント」

これだけではなく、その時代を彩る番組が他にも。
90年代半ばまでは週に8本の枠があるほど人気でした。

「家政婦は見た」や「十津川警部」、そしてすっかり国民的ドラマになった「相棒」も最初は2時間ドラマです。

沢山の名ドラマを輩出した2時間枠でしたが、
2000年代からその座を徐々にバラエティ番組に譲っています。

その理由は色々あるのですが、
端的にはコストパフォーマンスの悪さと言われています。

2時間ドラマの背景

2時間ドラマはロケが必要になりますし(最後は岸壁)、
出演者も大御所が多いのでギャラが高額です。

それでいて近年は国民のテレビ離れが加速しています。

テレビがメディアの王様だった時代は終わりました。

なのでお金と時間を掛けてドラマを作るより、
当たったらラッキーとバラエティを量産する方が効率がいいんです。

視聴率がとれないとスポンサーも離れてしまいます。
スポンサーが離れたら番組そのものが作れません。

テレビ業界自体が大幅なコストカットと戦ってるのが現状です。

時代は変わりました。

そして小野哲平も終了

これは冗談でもなんでもなく本当にピンチです。

と、いうのもぼくが今まで事務所の仕事で出演したドラマって、
ほぼ2時間ドラマなんです。

おのぺー
おのぺー

5本くらい出させてもらいました

 

これには理由があって、業界的には
2時間ドラマ < 連続ドラマ

という格式があります。
スペシャルの2時間ドラマじゃなくてレギュラー放送の2時間ドラマです。

世間的には、
2時間ドラマに出てる人よりも連続ドラマに出てる人の方が、
有名だったりするじゃないですか。

なので事務所によっては2時間ドラマに、
自社のタレントを出さないところもあります。

でも連続ドラマは有名俳優のローテーションで回っています。
無名俳優が抜擢されるのは奇跡より確率が低いです。

そんなぼくが唯一出演できていたのが2時間ドラマ!!

特に水曜ミステリー9には三回も出演させてもらいました。

おのぺー
おのぺー

どうして終わってしまったんだ!!

俳優冬の時代

なのでドラマそのものが減ってきているのに、
俳優は増えてる
という悲しい時代が今です。

知名度ある芸人さんやタレントもドラマ出ますし、
YouTuberも参入してきています。

有名俳優が少ない枠を取り合ってるところに、
無名の俳優が入り込む隙間はありません。

2時間ドラマの終了は俳優の道さえも狭めてしまったのです。
しかし!!

待っていても何も始まらないです。

これからは個人の時代。

チャンスを待つのではなく
個人でチカラをつけなければいけないのです。

そんなわけでこれからも自分を発信しつつ頑張ってまいります~