2017年に上演し、
ぼくらトムランドのアイコンのようになっている
「儚人~はかなびと~」
儚人(表)
このブログでも何度も取り上げています。

儚人って?

ぼくが代表を務めるトムランドが初めて上演した舞台作品です。

登場人物は七人。すべてぼくの当て書きです。
この物語はそのタイトルが決まる前から始まっていました。

「儚人~はかなびと~」ができるまで

この作品はぼくやトムランドメンバーの思いが、
これ以上ないくらい詰まっている作品です。

いまだに沢山の方から反響があります。

どんな話なの?

登場人物七人の人生が不思議な縁で重なり合う群像劇です。

本人の意図せぬところで、そこから出た言葉や行動が、
まだ見ぬ誰かに勇気を与える物語です。

ぼくはこの作品を愛しています。

「台本を読みたい」という声にお答えして、
電子書籍で販売もしました。


儚人~はかなびと~


買うのはちょっと…という方はこちらを。
途中まで無料で公開しています。

はかなびと台本

もう見れないの?

トムランドちゃんねるにゲネプロの様子が公開されています。
ぼくの友人はテレビで見てくれたそうです。笑

舞台は生で見るのが一番です。
特別なカメラで撮ったわけでないので記録映像になってしまいますが、
書籍を読んだあとで見ると魅力が伝わると思います。

はかなびとゲネプロ映像

座談会

TomRadioで二年前を振り返る座談会をしました!!

あのとき劇場にいた人も、あとから知った人も、
なかなか楽しめる座談会です!

裏話も沢山ありますよ!!!


こっちはぼくと野々宮と園田さん。


こっちは吉木くんと大楽とさとこ。

是非是非お聴きください!!