漫画が好きというと例外なく「意外ですね」と言われる、

自他共に認める真面目な(笑)ぼくですが、

実は漫画喫茶で6年バイトをしていました!


当時は狂ったように漫画読んでいました。

年間1000冊ペースです。

なので今日はオススメ漫画をガンガン紹介します。


惑星のさみだれ(全10巻)
雨宮夕日はごく普通の平凡大学生だった……ハズが、ある日現れた喋るトカゲに「地球の危機」を救う協力を依頼される。拒否するまもなく、既に指輪と能力が与えられ、早くも敵に襲われてしまった夕日を救ったのはなんとお隣さんの少女・さみだれ。救世主の降臨と思いきや、実は地球征服を企む魔王だった……。平凡な日常と奇妙な世界が交錯する新感覚ご近所ストーリー!!
これはもう騙されたと思って読んでください。
表紙みると可愛い女の子が活躍する話のようですがそれだけでなく。
何度読んでも泣けます。一番オススメ!


・エアマスター(全28巻)
女子高生・摩季は一見普通の女の子。だが、ストリートファイトでは空中殺法を使って無敵を誇る「エアマスター」となって戦う!
ぼくは柴田ヨクサル信者です。
独特の世界観にハイテンションバトル、
強烈にカッコイイ台詞に痺れましょう。


・芸人生活(全1巻)
「だから芸人は裏で泣くしかないんだ」 現役お笑い芸人コンビ「チャーミング」のツッコミ・井上二郎が描く、あまりにリアルな芸人の日々。笑いあり、涙あり、理不尽あり、奇跡あり、の芸人生活をあなたも垣間見てみませんか!?

これはどこにも売ってなくて本屋を探し回りました。
芸人さんが普段見せない顔。
父親との別れのエピソードは見事なまでの泣き笑い!


・空気人形(全1巻)
心を持ってしまった性欲処理の人形が登場する表題作「空気人形」、神によって人類の代表に選ばれてしまった男の苦悩を描く「人類の代表」などを収録。凶器と化したメッセージが、読者の胸に深く突き刺さる。
生きてるって何だ。現代社会への警告。
簡単に言えば「世にも奇妙な物語」です。一話完結。


・虹ヶ原ホログラフ(全1巻)

こんな作品はもう描けないと思います――浅野いにお 「虹ヶ原」という土地を舞台に、小学校の同級生たちの過去と今が交差する――。子どもたちのうわさ、トンネルの中の怪物、家族の秘密、蝶の異常発生……あらゆる糸が絡み合い織り成す、新世紀黙示録。
年々、浅野いにおの言葉が恥ずかしくて読めなくなります。
そのときぼくは、あぁ大人になってしまったと、
寂しい気持ちになるのです。


・ユートピアズ(全1巻)
ある春の日。潤一郎少年の家に、“公認女王様”候補・ナオミ女王様がやって来た。公認女王様とは、国家公安委員会に認定された“M系性的困難者”のために働く選ばれし女王様のことであり、この公認女王様を育てる役目を担うのが“クイーンウォーカー”と呼ばれるボランティア奴隷である。クイーンウォーカー初体験の潤一郎は、果たしてナオミ女王様を公認女王様に育て上げることが出来るのか…!?/女性専用車両に乗り込んでしまった男の不運な顛末を描いた「チカン列車は危険がいっぱい」。12年間の植物状態から目覚めると、そこには以前と違った価値観が支配する世界が広がっていた「チューブ」など、不思議な日常世界を舞台にした9つの短編を収録!!
これも「世にも奇妙な物語」系。
しんみりしたり怖かったりで面白いですよ。


・デメキング(全1巻)
未完の超大作。全く納得できない内容についてこれるか。
これは個人的に超好き。万人受けはしません。
読んでもいいけど怒らないでね。笑


・さよならもいわずに(全1巻)
心が引き裂かれる“音”を、聴け。 ささやかだけれど、幸せな家庭を築いていた漫画家に、突如訪れた、悲劇。妻の突然の死。 最愛の人との最後の日々を、繊細で果敢に描き尽くす。 ギャグ漫画界の鬼才が挑んだ渾身の新境地、愛と悲しみに満ちた、ドキュメントコミック。

妻を亡くした漫画家の実話です。
吐きそうなほど泣きました。


・からくりサーカス(全43巻)
遺産相続絡みで命を狙われる少年・勝と人を笑わせないと死んでしまう病にかかった男・鳴海、そして勝を助けるためにからくり人形を操る女・しろがね…。三人の運命が交錯する時、“笑顔”の本当の意味が…!?欧風熱血機巧活劇、ここに開幕!!

完全に完璧。
構成とか伏線回収が凄すぎてうわぁぁぁあああぁあぁってなります。


・花男(全3巻)
ク-ルで常識的、成績優秀な小学3年生の茂雄は母親とふたり暮らし。 夏休みを迎え、さあ、これから塾だ、がんばるぞ!というその時、母の花織から、夏休みの間、父のもとに行って暮らすようにと言われたからびっくり。 何といっても父は、プロ野球の選手になるといって家を飛びだし、30歳となった今もその夢を追い続けている「夢追い人」なのだった。
松本大洋はオススメだらけですがこの作品を是非!
父と息子の野球漫画!! とんでもない感動が待ってます!

・ルサンチマン(全4巻)
2015年。印刷工場に勤める坂本拓郎は、今までずっとパッとしない人生を送ってきた。そんなある日、旧友の越後からギャルゲー(美少女ゲーム)を勧められるが、「現実の女が大事」と言って一度は踏みとどまる。だが、その後も彼が女に相手にされることは全くなく、30歳の誕生日、ついに大金をはたいてギャルゲー道具一式を購入する。

これをオススメして外したことないです。
今思うと未来を書いていたんだなぁ。
とっても切ないですよ、これ。